今日からKADOYAマン

前回のツーリングで右肩辺りが見るも無惨に裂けたVANSONのジャケット。
IMG_1933.jpg

レザークラフト道具はあるので、裂けた箇所に穴を並べて革紐で補修したらカッコいいかなとも思いましたが
基本「雨が降っても防水だから」のチョイスだったので昇天という事に。

サイズ的には分厚いインナーを付けた状態でピッタリ。
インナー外すとバタつくとは思っていましたが、一応は名の通ったメーカーなので、まさか裂けるとは.................

次どうするか?
冬物は他に持ってないぞと。

これは己に課した呪縛に近い線引きですが.................
「ジャケットは袖より丈が長いの着る時は、自分をオッサンと認めた時」
コートではなく、あくまでもジャンバーでいたい。

これは「ポマードつけたらオッサン」「仁丹舐めだしたらオッサン」という感じで
信念とでもいうぐらい全力で抵抗しながら自分の中で揺るぎません。

ぽこぺん君がよく着てるhitairのエアバッグジャケットもいいなと思い、自分が事故ってケガした箇所なんかを見比べると、防御面では断トツの性能だとは思いつつ、残念ながら冬物は丈の長いタイプのみ.........................

レザーか.........................

近所にhyodの実店舗があるのでhyodもいいなと思い、ネットでラインナップを見てみると.................
ジャケットは「ブタに着せるものはねぇよ」なサイズで、オッサン体型は完全に除外してるかのよう.........

以前、パンツはレザーとメッシュタイプの2本持っていましたが、上着に関しては表記されてるサイズ的に、一番大きいものでもよくてパツパツ、悪けりゃ肩幅すら合わない感じ。

店舗に行けば、入店前に「おたくに合うサイズはありません」と、イギリスの高級店のように門前払いされそうなのでやめておきました。

そしてもう一つのチョイス。

昔から憧れだったカドヤ
これは高校生の頃に、漫画のカメレオンで松岡がハンマーグローブしてるのを見て「なにあれ?なにあれ?」で調べて知ったメーカーで、自分の中では「いつかは着てみたい」と思っていました。

ジャケットは種類も豊富ですが、カタログ見て「あっ!これ」と思ったのが「BRAWLER」というモデル。
これはカッコいいぞと思っていました。

ネットで見てみると、サイズ的に3Lまであってタイト過ぎる数字でもないし.........うーん.................
東大阪に実店舗があるので「とりあえず行ってみよう」

サイズさえ合えば買う気満々なので車で。
というかバイクで行こうにも、ジャケットを買いに行くジャケットがない状態。

店内はちょうどノーゲスト。
綺麗なお姉さんが棚を整理してるだけ。
ざっと見て、BRAWLERを発見。
しまむらで勝手に試着するのとは訳が違うので、お姉さんに確認してから試着。

?サイズピッタリ。
???ん?LL?
着丈も袖も肩幅も、肘のプロテクターの位置もLLでピッタリ。
レザーは風を通さないけどレザー自体が冷たくなるから、インナーは冷たさが伝わらない程度の厚みのあるものを着るのがおすすめとお姉さんから教えてもらい、それを考えたとして.................

「これにします」

そして考える.................
これ着て、この前買ったタイチのナイロンパンツで合うのか?

否!

.........「パンツも試着いいですか?」と訊くと
「BRAWLERのパンツもありますよ」
パンツもこのモデルあるのかと。
見るとちょっと有機的でカッコいい。

3Lを試着。
ウエスト余って全体的に緩いけど、こんなもんか?
うーん.................
「LLも履いてみますか?」
3Lとは違い、ももにゆとりはありつつピッタリ。
インナーも履けそう。

ジャケットもパンツも、バイクに跨った姿勢でしっくりくる作りになってるとか。
何回かライディングポジションのような空気イスみたいなマヌケな姿勢を取って確認。
「これもお願いします」

上下レザーで揃えて、ブーツは5000円の中華製でいいのか?
いや、パンツは値段見てねぇぞ.........
パンツ10万円だったらどうすんの?手持ち無いしカード使えるか知らんぞ.........
けど、ジャケットと同じモデルでそんな高額なはずはない。
「これも下さい」と言いながら、お姉さんの前で値札確認した上でカード使えずコンビニダッシュはダサいぞ。
初デートで、支払い時に財布から紙クーポン出した時のような顔されるんじゃね?

「カード使えますか?」

「大丈夫ですよ」

グローブは乗ってる時だけ着けるし、今使ってるラフ&ロードの有機的なデザインにカーボンプロテクター付いたやつは気に入ってるし.................

やっぱり目に止まったのはハンマーブーツ
昔、写真で見た時は「やりすぎ」と思っていましたが、実物見たら、カッコいい。
試着してみると、普段履いてる革靴等とサイズ感は同じ。
パンツは裾のジッパーが任意の位置で開き具合を固定できる為、ブーツインでもブーツアウトでも可能。
(完全に閉めた状態でもブーツアウトで履けます)
ブーツインは元々の短足が更に短く見えるので避けていましたが、短足アピールのブーツインしてもいいかと思えるカッコよさ。
「これも下さい」

お姉さんにはVANSONのジャケットが破れた話をして、頑丈なレザーのものが欲しくて来たと伝え、14Rに乗ってる話もしてたので
「これで14R乗ったら、めちゃくちゃカッコいいですよ!」
社交辞令とセールストークは十分承知も、えへへとオッサンは喜びますが.................
「today(オカンの原チャ)乗ってるんスよ!カスタムは前カゴっス!」
と言ってたら、どんな反応だったのか気になります。

支払いも、現金はジャケット買うぐらいは持っていましたが、3点となると持ち合わせがなくカードで。
会員登録すると5%オフになるとの事で登録。
単価の高いジャケットとパンツで一旦精算してくれて、そこで付いたポイントをブーツの精算で使ってくれて。

スゴく好印象でした。

なので、もう揃えてしまえと、後日ハンマーグローブを問い合わせたところ、今は在庫が無く、入荷が年明けぐらいになると。
暫くすると折り返しの連絡が来て「先行分が〇曜日には入るので、全サイズ試着可能です」

「入ったら連絡頂けますか?また寄らせてもらいますので」

冷やかし程度か本気で購入するのかを汲んでくれて、わざわざ連絡まで。
更に好感度は上がり、これからはカドラーになりたいと思います。
IMG_1935_202011251507560e1.jpg

THEME:バイク用品 | GENRE:車・バイク |

シートバッグ沼

先日、かねてから欲しかったシートバッグがようやく到着。

自分の中では熱いアリエクスプレス購入で、暫く深センから荷物が動かずドキドキでしたが、無事到着。
Amazon等で完全に中抜きだけしてアリエクスプレスから直送してるショップもあるので、自分で直接購入した方がいいやと、これまでバイク用品に限らず数十回使っていますが、不良品等が届いた時に使う「紛争」を使ったのは1回だけ。
それも不良品というより違う商品が送られてきた時に使い、すぐに返金処理されました。

という事でシートバッグ。
基本、バイクは身軽に乗りたいタイプなのでリュックは使う事はありません。
リュック背負って乗った事がないのでわかりませんが、長距離走ると肩凝りそうな.................
トップケースも、泊まりで荷物あるとか嫁とタンデム時の背もたれ感覚なら仕方なし。
サイドケースに至っては、絶対何かに引っ掛けそうでコワいです。
タンクバッグでもいいんですが、セパハンポジションで胸元にバッグあると邪魔というのか.........
積みたいものといえば一眼レフなので、かさ高くなりがちなものは後ろに積みたいところです。

そして今持ってるシートバッグ。
MotoFizzのシートカウル形状のやつ。
これは隼に乗ってた時から使っていて、コンパクトでいいんですが、一眼レフ入れるとパンパン。
換えのレンズも入りません。
IMG_1853.jpg

IMG_1854_2020111420400811f.jpg

GOLDWINのタンデム時には背もたれになるシートバッグ。
IMG_1856_202011142040119d6.jpg

これ、背もたれにして体重かけたらブチッといかないのかと不安で、自分では一度も試した事がありません。
このシートバッグは結構大きいというか高さがあるので、短足な自分には乗り降りが面倒くさいです。
IMG_1855.jpg

手元に残っているのはこの2つ。
もう1つありましたが、隼で事故った時にズッタズタになったので捨てました。
大きいか小さいか極端なものしか持ってなかったので、その中間ぐらいのはないのかと。

そんなこんなで辿り着いたのがこれ。
IMG_1867.jpg

IMG_1859_20201114203943ddf.jpg

ど こ ソ レ?
読み方すらわからないメーカーロゴが。
明らかにカーボンではなく、カーボン柄を印刷してプラスチック状のカバーに貼った、ドラゴンの皮を被ったミミズのような造り。
あくまでカーボン調のペラッペラのプラスチックなので、何かの際には内容物は木っ端微塵になる事間違いなし。
見るだけで、決して触れてはいけません
指で叩いただけで、そのプラスチックの薄さはすぐわかり、引きつり笑いを誘います。

2つの謎の垂直尾翼のような突起物は整流効果を生み、最高速10km/hアップ。
.........とでも言いたげな主張の強いデザイン。
IMG_1858_20201114204014dd2.jpg

シートバッグとシートを連結させるバンドが内容量に対して妙に細く、接続部分は思いっきり力こめると抜けるところに一抹の不安を感じます。

ただ、大きさとしてはベストです。
一眼レフとレンズ入れて、まだペットボトルぐらいは入りそう。
IMG_1865.jpg

更にファスナーを1周させると、アジャスター機能で5cmほど、かさ上げ可能。
IMG_1861.jpg

IMG_1862.jpg

なんというか.........................

製品開発段階で、プレゼン用のプロトタイプをそのまま製品にしたかのような一品。

とりあえずは用途的に容量はちょうどよく、離れて見る分にはデザインも好きなのでいいかと。
飛んでいくまでは使ってみたいと思います。


THEME:バイク用品 | GENRE:車・バイク |

Maxto M3 ドラレコ一体型インカム インプレ

極めて一部の方より要望のあった「Maxto M3」ドラレコ一体型インカムのレビューです。

IMG_1660.jpg

このインカムは「アリエクスプレス」という、日本でいうところのヤフーショッピングや楽天の中国版のショッピングモールで購入しました。

中国の有名な「アリババ」がB to Bの業者間取引なところ、エンドユーザーが少ロットでも直接購入可として、アリババが立ち上げたのが「アリエクスプレス」です。
Amazon等でも輸入した業者が同じ物が売ってますが、アリエクスプレスから直接購入する倍近い値段です。

さてそのインカム。
大体どのインカムとも同じようなものが同梱されていて、ヘルメットに取り付ける土台の部品は予備の分も。
ドラレコ録画用の32GB microSDも。
説明書は中国語と英語ですが、中学校レベルの英語ができれば読めます。
充電は専用アダプターではなくスマホの充電端子。

仕様としては.................
防水
ノイズキャンセラー
複数デバイス同時接続
携帯電話2台接続
複数インカム接続
SONY120°広角レンズ
ビデオ解像度 1080p
Bluetooth最大動作範囲 1000m
Bluetoothスタンバイ 500時間
Bluetooth接続 32時間
録音スタンバイ 500時間
記録時間 7時間

特徴であるドラレコ映像はmicroSDの容量で変わりますが、上書きタイプなので何かあった時用に予備のmicroSDは持ってた方がいいかもしれません。
映像は音声というか周りの音は入っていますが、インカム接続した際の会話は入ってない事から、マイクではなくインカム本体で録音してると思います。

インカム本体にWiFi機能があり、スマホにアプリを入れ連動させると、3分ほどリアルタイム動画をスマホで観る事が可能です。
が、このWiFi機能はちょっと謎です。
写真を撮る事もできるので、スマホでアングル確認できるようにわざわざWiFi機能を持たせたんか?
と思いましたが、運転しながらスマホ見つつ顔を上げ下げ調整しつつ、片手でシャッターとか、難易度高いというか危ないです。
バイク降りてヘルメット被ったまま使う機能ならまだわかりますが、そもそもスマホ持ってるなら直接スマホで写真撮ればいいんじゃね?と.........................

WiFiのON/OFFはスマホからはできず、インカム本体で操作する必要があるので、この「3分で自動切断」がバッテリー消費を考えてなのか、ヘルメットを地面に置いてパンツ盗撮防止なのかわかりませんが、ここにコストかけなくても.........と思います。

動画ですが1080pなので27インチモニターで観ても割とキレイです。
ただ、レンズの角度は固定なので、広角レンズとはいえ乗り手の姿勢によって映ってる範囲は微妙です。
14Rをフツーに運転する姿勢で、ちょっと下向き。
加速状態になると地面ばっかりですがなといった感じ。
多分、背筋が地面と垂直になって乗る、バーハン車輌でちょうどいい角度で、セパハン車輌では下向きすぎといったところです。

インカム接続は「全てのBluetoothヘッドセットと接続可能」と説明書には謳ってありますが、どうせ某国のイカサマ誇張表示だろうと思っていました。
が、超有名どころのビーコム2台とマルチ接続ができました。

やり方としては、Maxtoをペアリング待機状態にして、ビーコムAから呼び出してペアリング。
呼び出しを掛けたビーコムAでもう1台のビーコムBとペアリング。
ビーコムAが起点となっているのか仕組みはわかりませんが、直接ペアリングしていないMaxtoとビーコムBで会話も可能でした。

アリエクスプレスは、よく割引クーポンばら撒きやSALEを行っていて、加えて為替の絡みで値段が変わると思いますが、探せる限りのショップを検索し、送料込み8843円で購入。
動画も撮れるといった内容考えると安いんじゃね?と思いました。
(Amazonだと15000円~といったところです)

後は中華性にありがちな「バッテリー系の劣化の早さ」「耐久性」がどんなもんかわかりませんが、すぐ壊れた時はちゃんとご報告致しますので、その時は「掴まされてざまぁwwww」と罵って下さい。
THEME:バイク用品 | GENRE:車・バイク |

ROUGH&ROAD エクストリームカーボンレザーグローブ

先日「グローブ買ったつもりでゲーム買った」とのたまいながら、舌の根も乾かぬうちにグローブも購入。

3シーズン用として使っていたイエローコーンのグローブに穴が開き、どうしたものかと。
候補はこの2つ。
現在使用しているイエローコーン製グローブのモデルチェンジ版であるチタニウムマックスグローブか、アッサリした感じのレザーグローブか..................................


これまで、幾度となく大転倒してきた身としては「例え原チャであろうとグローブはしておいた方がいい」と思っている。
RGV-Γでコケた時、素手だった事もあり指8本折った上にズル剥けレアハンバーグになった事を考えると、足を折ったり肩を折ったり腕を折ったりした時よりも生活に不便だったのを思い出す。
松葉杖よりも両指が使えない方があらゆる面で難儀した。

という事からグローブに対する極めて個人的なこだわりは...............................

①ナックル部分と薬指小指の部分の保護がしっかりしたもの
(コケ方が悪いのか、甲側は薬指と小指をよく怪我するから)

②手の平の小指球?というのか、小指側の手首に近い場所の膨らみのところに硬い素材のスライダー的なガードが付いてないもの
IMG_9596-1.jpg
(「バンッ!」と手を着いた時、ガードの硬さに手の平が押されて折れたからで、これは結果論であってガードが付いていたからこれで済んでいたのかもしれない)

③ロングタイプではなくショート
(ジャケットの袖口との兼ね合いで、上手く装着できない不器用さが原因なだけ)

④親指と人差し指の手の平側の先端部分が、あまり厚手でなくフィット感がありそうなもの
(人差し指が余っていたり厚手だと、インカム操作時、間違って携帯の最新発信履歴先へ電話かけてしまう事があり、会社に発信して仕事休んでバイク乗ってるのがバレた。親指は厚手すぎると触った感覚が薄いため。ウインカー戻そうとして、14Rでも隼でも共通して言える情けない音する純正ホーン鳴らしてしまい恥ずかしい思いをしたり...........)

そして、もう1つ候補に挙げていたのがROUGH&ROADエクストリームカーボンレザーグローブ

「マツカサトカゲみたい」と言われた事を考えると、シンプルなデザイン好みな人には向かないとは思えど、私にはファイナルファンタジーの装備みたいで大好物。

ただ、ネットに出てる値段的に、イエローコーンのチタニウムマックスグローブと変わらない。
となると、インナーに電熱仕込めば真冬の氷点下の高速でも冷たくはなかった密閉性を体感してるだけに、イエローコーンの方がいいかなと思っていた。

が、送料込みで7000円台で売ってるとこを発見。

即購入。

サイズ的には、イエローコーン、シンプソンと同じサイズ(M)でちょうどいいのは試着済み。
(私の場合、コミネだけメッシュグローブもウインターグローブもLサイズ)
嵌めた感触としては、外観のゴツさとは違い、ゴム手袋を嵌めた時のような柔らかいピッチリ感。
レザーの突っ張り感も無く、メッシュグローブを嵌めてるような感触。

IMG_9598-1.jpg

来月3日、皆で出掛けるにあたり、一応の準備は完了したといった今日この頃。


THEME:バイク用品 | GENRE:車・バイク |

VANSONジャケット

IMG_9352.jpg
注:画像は本文とは全く関係ありません

先日、娘の彫刻刀で、死なない程度の致傷攻撃を嫁から加えられるのも覚悟の上で「ポチッたったぁ!」と購入したVANSONのジャケット。

メーカーロゴとして、ジャケット前後にデカデカと「VANSON LEATHERS」と書いてあるが、れっきとしたナイロン製

IMG_9362.jpg

IMG_9364.jpg


「ちょっと見栄はってまんねんけど、ナイロンですねん、エヘヘ」という微妙な心境も、なきにしもあらずといったところながら、数回使用してみた感想としては、かなり「当たり」な印象。

過去、SIMPSONの偽物掴まされ、某大陸国家への怨念は隕石落ちろレベルにまで膨らんだものであるが、今回はマトモな物であった時点で一安心。

という事で、ちょっと冬用ジャケットについて書いてみたいと思います。
ただ、これまでのバイク歴的に、自分で所有したのはフルカウルのセパハンしかなく、やや前傾気味の正面からの風圧は最小というシチュエーションにおいてであります。
ネイキッドや、バーハンで地面と垂直に近い姿勢になるようなタイプのバイクの事は知りません。

まず、冬用のジャケット(3シーズン含む)を選ぶ際、夏用と違うのがサイズ。

夏場は私のように、COOLMAX素材のレオタードみたいなものだけ着て、乳首浮かせてセッ●スアピール紛いな人間もいるように、基本的には薄着の上にジャケットという組合わせ。
が、冬場はジャケット下にどれだけ着込むか?は個人差が。
特に脱着式のインナーが付いてる物は、外寸で考えていると、着込んだ際に内寸キツキツになったりする事も。

この辺りは、実際に着込んだ状態でサイズ合わせるのが無難で、合わせた際も、ただ着てみるだけでなく、ワキの可動のしやすさも確認するのが大切かと。
確認中、あまりに激しい動きしすぎて「ビリッ!」から「お客さぁ~ん、とーぜんお買い上げっスよね」とならないよう注意は必要

さてジャケット。
個人的にはショートタイプというのか、ハーフコートタイプよりもジャンパータイプの方が好き。
これはチ●コデカすぎて.......ではなくポークビッツすぎて裾を貫けず、オシッコに困るからではなく、何となく、ショートからハーフコートタイプは自分の中での一線だと、変なこだわりがある。

初めてズボン下にパッチを履いた時のように.....................
快適性と引き換えに捧げた「若者」という意識。

機能的には裾の長いハーフコートタイプの方が優れているのは承知済み。
特に女の家で、食べ慣れてないもの食べると「ポンポン痛いの」から、要便器清掃なつぶつぶジュースをブチ撒けたかのように下痢ってしまう私には、下腹のガードは、あるに越した事はない。

が、それを手にしようとすると.....................
「♪あーの時には戻れない~過ちさえ戻せない~♪」
LUNA SEAのPrecious、RYUICHIのシャウトが脳裏に響く.....................

加えて短足の身としては、乗り降りの際に思いっきり足を上げなければならず、ハーフコートタイプで裾が長いと足が開くのか?という疑問も。
特に跨る際に予想以上に足が上がらず、長渕のケンカキックみたいに車体に蹴り入れて倒してしまいそうなネガティブな想像をしてしまう............................

そんなこんなでVANSONジャケット。

1台目の隼事故の時、SIMPSONのフェイクレザージャケットを着ていた。
SIMPSONの特徴として、胸部プロテクターが別売りオプションになっている。
ヒジと肩のプロテクターの素材は「ポリプロピレン/ポリエステル/ウレタン」で、結構な防御力。
が、ジャケットの腕の部分がややブカブカであったため、事故った際にヒジのプロテクターがズレ、硬い断面が刃物のようにヒジの辺りの実を削ぎ落としてくれた.........................
そして別売りの胸部プロテクターを買おうかとしている段階.......................
ご丁寧に胸には左右にポケットがあり、携帯を入れていた...................................
ヘッドスライディングでダイブし、胸を撃った際、幸い肋骨は折れなかったものの、携帯の四角い形に胸が腫れ上がった.......................

2台目の隼事故の時、この時は完全に普段着というか、ウォーキングしてる人が着てるようなウィンドブレーカーみたいな服。
何のプロテクターも無しの100km/h程度で肩からダイブした結果、見事に上腕骨頚部が折れるハメに..................
私に、蒙古覇極道のウイグル獄長レベルの肩の頑丈さがあれば問題無かったが、身体能力はシーカーにすら及ばない。
胸を撃つ前に肩からいったため、胸の打ち身は大した事はなかったが、相変わらず両ヒジは....................
馴染みの整形外科の先生に「もういい歳なんやから、痛い痛い言わんの」と、両ヒジの傷にめり込んだ砂をピンセットでほじくりだされるハメに...........................

そんな経緯もあって、プロテクター内蔵のジャケットは、硬いものが入っているのならサイズ合わせはかなり慎重にした方がいいと思っている。

このVANSONのジャケットは、標準で胸・背中・肩・ヒジのプロテクターが内蔵されており、素材は厚めのウレタン。
ワープモード中にコケたら何を着ていようが無理。
常識範囲内での転倒なら、硬さがアダとなって実が削げるより、強度は落ちても密着して防御してくれる素材がいいと思っていたので、こちらの要望にはピッタリ。

個人的に素材は、レザーが黄金聖衣、フェイクレザーが白銀聖衣、ナイロンは青銅聖衣といった印象ながら、実際に触ってみると、引き裂く力に対する強度はそこまで不安に感じない作り。
(フェイクレザーは見た目の印象と、実際コケた際の強度の感想です)

何より魅かれた点として「防水」
雨の日に着てないためまだ何とも言えないが、Tシャツに長袖のシャツだけの格好でも、インナー装着状態でジャケット着ると、気温5℃ぐらいで高速道路100km走行ぐらいは冷たさも感じない。
フルカウルでも寒い両上腕部分も、インナーがチョッキタイプではなく長袖になっているため冷たくない。
首元も、寒い時期用にと、しまむら製300円のネックウォーマーを付けているが、それで十分。というより無しでも寒くない。

体感的な密閉感で、少々の雨なら大丈夫だろうと予測はできるが、首元から浸入してくる雨水はどうかわからない。
卑猥の限りを尽くし、ボトボトにさせたベッドだというのを忘れ、寝転んだ時の「冷た!」という背中の感覚にならないよう祈りたいところ。







THEME:インプレッション | GENRE:車・バイク |

冬用ジャケット

先日は、とあるバイク用品店へ。

クソ寒いこれからの時期、どこか行くならバイクより車だと、まずソロで出掛ける事はないと思いつつも、突然の「〇〇行きません?」な誘惑に釣られ、覚醒モードにマゾツー決行となるかもしれない。

これまでをよく考えると「暑いのはイヤ」だの「寒いのはイヤ」だの、ハウス野菜みたいな事を言いながら、通年乗ってるような気が............................
それも敢えて過酷な条件下で突撃してるような.....................

近所に住む小学校の頃からのツレなどは「バイクなんか止めて、はよゴルフせえ」と............................
が、そいつの奥さんがメシ食べに来いと言うから14Rで家行くと、先に来てた一つ下の後輩共々「スゲー!カッコええ、やっぱバイク乗りたいなぁ!」
そいつと後輩、そして私.......まだ幼き頃、同じ女の子で筆下ろししたマ●コ3兄弟の本質的な嗜好は、結局似たものなのかと.....................

スイッチ入れば、寒かろうが暑かろうが乗るのは目に見えているものの、以前もチラッと書いたように「冬用のジャケットが無い」

正確に言うと、SIMPSONのフェイクレザージャケットがあるにはあるけど、あちこち表皮が浮いて剥がれてきている。
バイク乗ってる人間にそれを見られるというのは、日常において、色物ズボンに残尿がしみてしまったのを「見られてるんじゃね?」の感覚同等。

誕生日プレゼントに、夏物ジャケット・パンツ・グローブを買ってくれた女に、それとなくアピールするも
「私、誕生日プレゼント何も貰ってませんけど?」
.....................
「何も欲しいもんないから、ご飯連れてって」とのしおらしい言葉は何だったのか.....................

といった流れから物色開始。
とりあえずズボラな私は、メンテナンスを考えるとレザーは無理。
というより「10年着るつもりでレザーなら安いわな」と、家でアピールしたところ
「初車検迎えるまでに2台も廃車にしてきた人間が何言うてんねん」と.....................
どれもごもっともである................................

まずは私にとっての定番SIMPSON。
これの黒/赤が「おっ!」と思ったが、いかんせんフェイクレザー。
デザインはかなり好みながら、インナーが脱着できないのが残念。
遠出する場合、昼夜や標高、地域によってかなり温度差があるため、温度調整できるに越したことはない。
インナー脱着タイプを条件にしたいためため見送り。


フェイクレザーよりは長持ちしそうな気がするナイロンタイプ。
防水機能がありカッパ不要で且つインナー脱着タイプ。
「これにしようか」と思って試着したところ、私が持ってる旧型のSIMPSONジャケットのインナーが腕部分まで無いベスト型だったのに対し、現在のインナーは長袖になっている。
当時は隼であったが、ベスト型のインナー装着して真冬の高速道路をひた走ると、上腕部分だけがかなり冷えるため長袖のインナーだったらなぁと思っていた。
が、インナー装着状態で胴体のサイズは合うものの、腕にかなり圧迫感が......................
腕が曲げにくいぐらいの圧迫感はちょっと.........という事で見送り。


次に、何故か「コミネマン」と軽く見られるらしいKOMINE。
KOMINE愛好者としてこのモデルを持っているが、KOMINE製を軽く見ている人は着てみれば良さはすぐわかると思う。
値段以上の「守られてる感」は他社よりも格段に上。
他社では大体オプション品となっている胸部プロテクターも付いている。
購入してから4年経過しているが、特に劣化している様子も無し。
ただ、メッシュタイプなだけに夏場に着用しているが洗濯方法がわからず、先日、4年分の汗や男汁などを高圧洗浄機で洗ったところ。


という事でKOMINE愛好者としては、冬物はこれにしようかと思ったが、上記の防風インナー付きのメッシュタイプを既に持っているのを考えると、全く違う方面へダイブしたい心境になったため見送りに。


次に目に留まったのがYELLOW CORNのこのジャケット。
YELLOW CORNは、恐らくこのジャケットとお揃いのようになるナックルガードがチタン製になっているグローブを持っている。
ただインナーが脱着できないタイプ。
そして事故って肩を砕いた身から、個人的に肩のプロテクターはウレタン製でもいいから欲しいと思っている。
このジャケットを試着した際、どうも肩というか、私が砕いた上腕骨頚部の一番外に飛び出た部分にプロテクターが無い................
上腕部のチタン製プロテクターもKOMINE製のスライダーっぽい形状ではなくチタンプレートをビス留めしてるような感じ。
理由はさておき、個人的に求めているものとは違うため見送りに。


次にこれまでとは全く路線が違うこのジャケット。
実はこういったジャケットは、ネイキッドやV-MAXのようなバイクに乗る人が着るものだと思っていた。
........が、信州ツーリングでお会いした埼玉の青隼さんが着てた弐黒堂ファッションがかなりカッコよかった。
それ以来「ツアラーでもありやな」と方針転換。
これも試着してみたが、インナーが脱着できないタイプでフェイクレザー。
そして腰周りはピッタリにも関わらず胸周りがかなりガバガバ.........................
胸部プロテクターを着込むのを前提としているのか厚着が前提なのかわからないが微妙にサイズが合わず見送りに。


そして.............................
これまで着た事なかったメーカーであり、色。
インナー脱着タイプで防水、胸部プロテクター入り。
試着した感触で一番しっくりきたVANSONのこのジャケット。


お目当ては見つかった。
後は.....................カネをどうするかである..............................................

IMG_8366.jpg


THEME:インプレッション | GENRE:車・バイク |

新たなインカム 「G8 Group Talkie」

先日の信州ツーリングでの大雨により昇天したインカム「BT INTERPHONE」

このツーリングの時に大雨で昇天し、同じものに買い替えてから.....................
隼で事故って1年ほど全く使わず放置プレイだったのも含めて3年ぐらいか..............

ペアで数千円の某大陸製だった事、同じくらいの使用期間で同じツーリングの大雨で昇天したタロ吉さんのビーコムの事を考えると..............
10倍以上の戦力差(価格差)にも関わらずこの相討ち、見事なり。

見てみると、経年劣化か、やめときなチャイナ製の賜物なのかわからないが、この接着部分が剥がれており、ここから水が入り込んだ感じ
DSC_0808.jpg

同じ機種をお使いの方がいらっしゃいましたら、この部分が剥がれていたら、雨天での走行は危険かと。

個人的に、こういった電化製品?は水でダメになっても、一週間ほど放置すれば復活するものだと思っていた。
(私のションベン溜まった便器にダイブしたスマホも、いつの間にか復活しており、「スマホ欲しい」とうるさい娘に手渡したら、悲鳴と共に自らの手をアルコール消毒してはったが.......)

しかし............................内部でショートしたのかインカムが蘇生する事はなかった。

というわけで次のものを。
数万円出せば、セカンドインパクトな大災害にも耐えうるインカムが、手に入るわけでもないのは理解済み。
(エヴァQ観たので、すぐ影響を受けて引用しておりますが、Qは全く意味不明で終始ポカ-ンとわからずじまい.........とりあえず、冒頭でミサトがシンジにちゃんと経緯の説明をしておけば丸くおさまってたんじゃね?の感想です)


大枚はたけばビーコムセナ等、ビジュアル的にもカッコいいのが手に入るのは百も承知。

が、やはりそこにお金を掛けるなら、女にオトナのおもちゃの1本や2本......M字開脚固定具の1つや2つ...............
愛ゆえに人は苦しまねばならん、愛ゆえに人は悲しまねばならん.......................................
葛藤の末「G8 Group Talkie」というものを選択。

これ、ハッキリとメーカー名がわからないが、恐らく「BT INTERPHONE」と同系列かと。
この系列、「G3」・「G6・「R4」と、用途に応じて種類があるらしいが、ちょっと形状がそそられた「G8」を。
スペック的には...........................
・最大4人同時通話
・Bluetooth機能・Hi-Fiスピーカー搭載
•最大通信距離:約1500m 通信可能速度:最大150km/h
•待機時間:最長120時間 連続通話時間:最長9時間 音楽の連続再生時間:最長11時間
・生活防水加工
・単品1万円


このスペックでいくと、例え皆このシリーズを装着したとして.......................
「最大通信距離:約1500m 通信可能速度:最大150km/h」
発進、即、点となって消えてしまうNativeさんのような人にはペアリングもクソもない.....................

そして..........................「生活防水加工」
この都合のいい言葉.....................生活圏内なら風呂に浸けて暫くマッタリとしても大丈夫なんかと................
ハッキリと「毎秒何ccの水がかかれば壊れる」と言えよと。

と、そんな嫁の掃除ぶりにイチャモンつける姑みたいな屁理屈を垂れても仕方ない。

とりあえずこの系列では古いバージョンになるからか、ペアリング可能機種の中には、うちの奥さん用にもう1つあった「BT INTERPHONE」は記載がなかった.........................
が、同じメーカーならペアリングは何とかなるか?
「BT INTERPHONE」は、3つあるヘルメットに使い回せばいいか。

装着
DSC_0810 - コピー

思った以上にプラスチッキーでデカく、LEDが仕込まれ青く光る面積が広く派手................
一応、「BT INTERPHONE」ともペアリングができたため、余計なお金を遣わずに済んだ。

「BT INTERPHONE」と比べてすぐわかるのはスピーカーからの音の違い。

女が発情した時、耳の後ろ辺りからチーズっぽい臭いを発するのを嗅ぎ分けられる、この鼻には自信があっても、特に自分に都合の悪い事「聞ぃ~こ~えんなぁ」なこの耳でも、高音と低音の音が良くなっているのがわかる。

タンデムの機会は稀なため、とりあえず携帯での通話と音楽が良い音で聴ければいいやと。

また3年ぐらいは生存してほしいものである。




THEME:バイク用品 | GENRE:車・バイク |

Bliss NEO

先日、これまで車に使っていたコーティング剤を使い切ったため、何か新しいものはないかなと。

これを使っていたが、5000円ほどのものにしてはかなり良く、もう一度同じものにしようかと思ったものの..........
IMG_8475.jpg

やっぱり、違うものも試したい

現状、屋根のあるガレージではないため、水玉になって弾く撥水性のものは晴れてしまうとウォータースポットができやすいので、テフロン加工のようにヌメッと流れる疎水性のものが好み。

かなり前に使っていたBliss (ブリス)というコーティング剤がなかなか良かったのを思い出し、探してみる。

Blissでいうと....................
疎水性のものは「Bliss X」「Bliss NEO」という同じ値段のものが2種類。
見比べてみると.......................

「Bliss X」は容量280mlで効果が9ヵ月、塗装の保護効果が高い。
「Bliss NEO」は容量240mlで効果が12ヵ月、帯電防止剤入りで汚れが付きにくく濃色車向け。


屋外駐車でホコリの付着を少しでも防げる方がいいやと「Bliss NEO」に。
「黒専用」という謳い文句に釣られて、下地処理から始めるメンテナンスセットというものをチョイス。


IMG_8477.jpg

作業開始。
説明書には下地処理となるコーティングコンパウンドの所要時間が4~5時間と................

「んな掛かるわけないやろうが!」と思ったが、ボディ表面をツルツルになるまで磨くと、キッチリそれぐらいの時間が掛かった................

Bliss NEO自体の作業は簡単で、洗車して水で流し、ボディ表面に水が残った状態でスプレーしてスポンジで伸ばすだけ。
ボディ全体に伸ばしたら水で洗い流し、後は拭き上げるだけ。

天気が悪くてよくわからないかもしれませんが、仕上がりはこんな感じ
IMG_8497.jpg

IMG_8492.jpg

新車から9ヵ月ほどなため、ボディ自体それほど傷んでおらず違いがわかりにくいものの、若干、写り込んだ周りの景色の輪郭が、以前よりハッキリしたかなと。
(自分が買ったという贔屓補正入ってるかもしれませんが..............)
IMG_8496.jpg

IMG_8493.jpg

ルーフ
IMG_8505.jpg

ボンネット
IMG_8501.jpg

IMG_8489.jpg

ガレージに水道がある環境なら作業自体はかなり楽で、水を使うため塗りムラができにくいのが良いところかなと。

他にも、ホンモノ玄人指向のコーティング剤もあるようですが
Blissの詳細はこちらのショップHPでご確認下さい

             ↓
THEME:カー用品 | GENRE:車・バイク |

長距離ツーリングに備えて

先日、以前奈良の針辺りで転倒、破損、負傷したZX-14R乗りさんから、お礼にと山梨県の名産品が届いた。

「お礼がしたいので住所教えてください」と連絡があり、純真な私は素直に応じたが、これで動物の死体でも送られてきてたら....................
新たな魔人の誕生と共に、北斗琉拳第5の男となっていたであろう....................

DSC_0640.jpg

送り状には、ミドルネームの入ったハーフである事が一目でわかる本名が記載されていたが、多分、うちの嫁が海外育ちでなければ
「今度はハーフの女の子ですかぁ?マメに手広くやってますなぁ」
と言われてたであろう名前.........................

「アンタがホンマに人助けしたんがびっくりやわ」と。

説明したところで「今度は男?突っ込めたら何でもええんかい.......」と言われるであろう事を予測。
返答パターンを考えていたが、すんなり感心してくれたのはよかったといえ、調理が必要でないものは試食程度にしか残されておらず、ほぼ消化されていた.......

ZX-14R乗りさんには、逆に気を遣わせてしまって、やや申し訳ない気が....................

怪我も重傷ではなく、14R自体もマトモに直すと45万ぐらいいくらしいが、とりあえず走れるようにするには10万ちょいぐらいで直るようで、後はちょこちょこ部品集めて直していくと。
8月の信州ツーリングの際、現地でお会いする予定なため、次回のお土産は鮮度の高い女子大生という名のアワビを楽しみにしたいところ。

という事で、長距離ツーリングの準備をちょこちょこと。

「片道300km以内は、近所のお散歩だろうが」というツーリングマスターにはなれない、貧弱な私....................
信州ツーリングは、どうせ迷子にアクシデントのどんぶり勘定で、1日700kmぐらい走りそうな予感..................
ZX-14Rは隼の頃に比べて、ケツの痛みはマシとはいえ、便利なものがあれば装着しておきたいのが心情。

...........買ってみた。

コミネの「エアスルー3Dメッシュインナーパンツ」
IMG_8473.jpg

この「アンチバイブレーションインナーパンツ」のメッシュバージョンらしく、とりあえず目先の問題として夏物を。


ケツのクッション部分
IMG_8464.jpg

釣り糸のもっと硬いような糸を輪っかにしたもので数ミリ厚みを作ってる感じ
IMG_8470.jpg

前の部分。
小便の時に丸い部分が外れてオープンになるが、私サイズのモノにはややキツい.....というのは大見栄っ張りでございまして、オープンにはなりません。
ケツのクッションと同じ素材で、タマの裏ぐらいにくる感じです。
IMG_8472.jpg

毎回わからないのが、このインナーパンツというものの履き方。
クールマックスのロングやショートタイプのものも持っているが、これ、ノーパン状態で直接履くのか下着の上から履くのかわからない...................
冬物であれば重ね着した方が暖かいのが雰囲気からでも理解できるけど、夏物......特にクールマックスのような冷感素材のインナーパンツをわざわざ履くなら、下着にフツーのパンツ履いてると冷感面積減って意味無いんじゃね?と。

結果、夏はノーパンでインナーパンツ履いてます

ただし、この「エアスルー3Dメッシュインナーパンツ」..................
見ての通りクッション以外の場所、特に前面はほぼメッシュ...................
これをノーパンで履くと.....................
抑え付けられて放射状に広がったチン毛が、まるでジップロックに入れられたヒジキのようで.......................

もし事故って意識無く救急搬送先で生死の境を彷徨ってる時....................
ウェアのパンツ脱がされ、現れたヒジキみたいなチン毛に驚かれ、医者の手元狂って死亡なんてことになったら..............
この世に未練残しまくりの、地縛霊にジョブチェンジ確定みたいなものだ.......................

組み合わせとして、ノーパンクールマックスのインナーパンツの上に履くことに。
(「おまえ....それも間違ってんぞ」という非難は聞こえません)

とりあえず装着して実走。

履いた感じとしては特に窮屈感もなくフツーのパンツと同じ。
が、まず地面に座ると違和感が...............悪い意味ではなく、地面とケツの接地感がない。
多分、輪っかの部分が潰れながら微妙にケツを浮かせるように隙間ができてるような。

120kmほど走行してみたが、ケツに対して微振動が伝わってこない感覚で、シートに接地してる感触が薄い。
元々120kmぐらいならどうともないけど、恐らく長距離乗ったとしても、履いてないのと履いてるのとでは痛みの訪れの頃合いや強さは、全く違うだろうというのがわかる。

さすがコミネ.......値段以上の性能というのが正直な感想。
後は、小便しやすいように改良してくれれば大満足。



THEME:バイク用品 | GENRE:車・バイク |

偽物SIMPSON

さて、私............
どうやら.....つ か ま さ れ て い た 模様にございます..........

というのも、以前チラッと触れた、このSIMPSONのメッシュジャケット

「ヒャッハァー!!!これカッコええやん!!」

o0600056712459722772.jpg
と、まるでお花畑に脳汁垂れまくりでポチりましたが、ひょっとしたら以前の記事を読まれた方の中に、既にご存知の方がいたら
「このアホ、つかまされてんぞ」
と、屠殺所送りの家畜を見るような、憐れみのナマ温かい視線で見られたことでしょう.......

本題に入ります。

実はこれ、中国製のコピーものでした

それに気付いたというか、「あれ?おかしいな?」と思ったのがつい最近。
このジャケットの仕様書にもあるように、元々SIMPSONのジャケットには、胸部のプロテクターが後付けのオプションとなっているものが多く、ジャケットを注文したショップでは取り扱ってなかったため、胸部プロテクターは別ショップで注文しておりました。
SJ-3119 シンプソン メッシュジャケット
¥24,490(税込)
Size:M/L/LL/LW/3L
Qal:ポリエステルメッシュ/ポリエステル600D(PU加工)
裏地:ポリエステルメッシュ
肩肘プロテクター標準装備
胸部プロテクター収納袋付


ジャケット到着は3月中頃。
まだメッシュジャケット着るには寒かったため放置。
「ぼちぼち暖かくなってきたから、ジャケットにプロテクター付けとくか」と、ゆとりをもって取り付けようとしたところ...........

ジャケット裏側に胸部プロテクターの収納袋など見当たらない................

どう見ても無い............

品番で検索かけて、頭の方に出てくるフラッグシップというSIMPSON、Angel Hearts、elfを主に扱っている会社のサイトを見ると、この品番のジャケットは一覧にすら無い.............

そしてスタッフブログに、この品番のジャケット説明があったから見てみると............

腹の部分の腹筋のようなデザインが微妙に違うくね?

DSC_0382.jpg

o0600056712459722772.jpg



肩のプロテクター、ブログの画像はチャック開けて外から入れるようになってるけど、手元にあるの見るとチャックは飾りで開けてもプロテクター入れるスペース無いし、そもそもプロテクターは裏地にくっついてんだけど.........
t02200295_0800107112459722159.jpg

この時点で薄々勘づいていたものの.........
「んー、見間違いかな。で、どこに入れたらいいんかな」
と、かつて、停めてた位置からNS50Fが無くなって、代わりに折れた裁ちバサミが落ちていたにも関わらず、盗まれた現実を受け入れようとしなかった時と似た感覚。

ひとしきり現実逃避した後、ジャケットの商品タグに厚かましくフラッグシップの社名と電話番号が印刷されていたため、とりあえず電話してみる事に。

「あのー、SJ-3119のジャケットって胸のプロテクター付けれるみたいなんですけど、どうやって付けるんですか?」

まだ若干、逃避気味..........

が、応対してくれたスタッフはすぐピンときたようで
「誠に失礼な言い方になりますが、胸のプロテクターは見たらわかるような袋状のものがついております。
申し上げにくいんですが、その品番のジャケットは一時、中国製のコピー物が出回ったという情報が入っておりまして、恐らく、お手元にあるのはコピー商品かと思われます......」


何と丁寧な説明。

と同時に、これを作った人間の「アイヤー、アンタ、ダマサレタアルネ」のせせら笑いが脳にこだまし、この、人を疑う事など知らない純真無垢な私をよくも.......と、ムカムカムカムカ..........

とりあえず購入したショップの返品の規定など読んでみると、到着一週間以内なら、それなりの理由があれば可能らしいが、もう二週間以上経ってる。

その辺りを考えながら電話してみる..........

「おたくのSIMPSONのジャケットってコピー物を正規の値段で売ってるんすか?」

~「どういう事でしょうか?」

ここからが勝負。

ショップの返品規定で謳ってる以上
「んなもん知らんがな!うちはそれが正規で売っとんねん!気に入らんなら一週間以内に返品したらよろしいやろ?」
こう言われたら厄介........

正規代理店とのやり取りを説明し
「いやぁ、コピー物で我慢せえ言われたらそれまでなんですけど、オーナーズクラブやブログ読んでくれてるライダーさんとか、Twitterのフォロワーさんらはコピー物を嫌う人もいるから」
と、バイク友達は極少、ブログも日陰でひっそり書いてるシコシコレベルなのはエフェクトかけて、柔らかに「良い対応を期待してますよ」を伝える。

が、このショップ.......
「そういう事でしたら、私もお客さんに気持ち良く使ってもらいたいので返品して頂いて結構ですよ。
送料は負担してもらう事になりますが、中身確認後、キャンセル処理させて頂きます」

と、あっさり受け付けてくれる。

顧客本位で考えてるのか、うるさく言ってきた購入者には返品受け付けとこうなのか、その真意は知らないが、こちらが納得いく形に収まればそれでいい。

電話を切り暫く。

ショップ側でまた話が変わっても難儀と思い、すぐ発送準備。
梱包用の段ボール探していると、隼を納車した時にシングルシートカウルが入っていた段ボールがあった。
「10年ハヤブサ 黒赤 unknown様」とマジックでデカデカと書かれた段ボール。

個人的に、隼といえば「隼祭り」等がニュースになるほど、イベント規模も大きく、ミーティング等もあちこちで行われているほどオーナーの交流の場が多い印象がある。
何の変哲もない段ボールで送るよりは「それに乗ってあちこち交流していたら...」と、感じてもらう確率が上がれば御の字。

そして数日後、注文キャンセルのメールが到着。

恐らく、私があれこれ考えるまでもなく優良なショップだったのであろう。
また機会があれば冒険してもいいかなと。

一段落ついたところで..............
つかまされた方が悪いとは思えど、やっぱり信頼の国内ブランド「コミネ」を裏切った呪いか。

この夏は、洗い方がわからず、高圧洗浄機で水ぶっかけたコミネのメッシュジャケットをまた着ようと心に誓った出来事でした。
THEME:バイク用品 | GENRE:車・バイク |
プロフィール

unknown

Author:unknown



同じブログサイトに「引っ越し」という、全く意味の無い事をやらかしてるunknownと申します。
プロフ詳細はコチラをご覧下さい

Link


Link