またひとつの別れが..............

先日、飼っていたネザーランドドワーフラビットの「チョコ」が亡くなった。

朝、いつものようにエサをやり、ウンチの掃除をして、ちょっとエサの減りが少ないかなと思いながら夕方。
ネコのミカサがチョコのサークルに近寄って、ニャーニャーと。
いつもならチョコにちょっかい出そうとして、チョコに怒られては退散するのが、柵越しにジッと眺めたまま。

すると「キューキュー」みたいに、今まで聞いた事ないようなネコの鳴き声と同じぐらい大きな鳴き声が。

昔、ウサギを飼ってた人が、ウサギが死ぬ前、大きな鳴き声を出したと言ってたのを思い出しサークルを覗くと
既に横たわった状態。

前足と後ろ足をゆっくり動かし、目も虚ろ。

仕事行ってる嫁と、嫁の実家に泊まりに行ってる娘に連絡し、後はもうどうにもできない.....................
サークルの中に入って抱き上げ、体を撫でるだけしかできない..................

そのうち弱い呼吸も止まり、動かなくなってしまった....................

「早く気づいてやれなくてごめんな」

飼っていたモルモットの「ロコ」が亡くなって、一人でいる時のリビングが、あまりにも静かで
どうしようもないほど寂しくて、また生き物を飼おうとうちに迎えてから8年。
来た時はこんなに小さかった
IMG_1228_20190331200735cb2.jpg

ウサギの平均寿命で天寿をまっとうしたのかなと思いたい。

IMG_2366_20190331200739f0f.jpg

マイペースで約1畳ほどのスペースで作ったサークル内のどこでもひっくり返って寝て
IMG_8318-16_20190331200627ee2.jpg

お腹が空いたら後ろ足をバタンバタンとスタンピングでアピール
エサを計量スプーンで皿に入れようとすると、食欲の勢いでスプーンに頭突きしてこぼれ
「コラァ!」と怒られても済まし顔
IMG_8039_201903312006266e9.jpg

ネコのようにわかりやすい甘え方はしないけど、オヤツをあげたりするとずっとヒザの上にいて
「可愛いやつだなぁ」と思わせながら、ウンチをポロポロ.......................

IMG_1441_201903312007368d1.jpg

IMG_4648_20190331200741c09.jpg

留守中、ウサギは電気コードを齧りそうでサークル内に入れ、ネコはサークルの隣のケージに入れていた。
チョコとミカサはどんなやり取りをしてたのやら。

ミカサも明らかに普段とは違う様子で、タオルにくるんで最後の一夜をサークルで寝かせたチョコをおとなしく眺めている。

うちに来たのが本人にとって幸か不幸かはわからないけど、8年間、やってあげられる事はやってこれたかな。
モルモットのロコのように、亡くなる前に何度も病院に連れていき、美味しくないだろう流動食をスポイトで飲ませ
しんどい時間が長くはなかった事だけは救いだったかな。

私は仕事だったため、葬儀は嫁と娘にお願いし、チョコにサヨナラを言って出勤。
昼休みに帰宅すると、いつものサークルにいつものケージ、飲みかけの水と食べかけのエサ...........................
いつもと何も変わらない景色の中にチョコだけいない.......................
現実味がないというのか、心が削がれたような感覚......................

仕事が終わって帰宅すると、嫁が泣きながら片付けをしていた。
そのままの景色に、たまらなく寂しさを感じたと。
私も一緒に片付けたけど、1畳分のスペースがポッカリ空いてしまったのは、見た目以上の喪失感

........................................................

ロコもチョコも、向こうで楽しくやってほしいところ。
私がいつかそちらへ行った時、エサが不味かったと文句言われそうだけど、こんな偉そうな顔でまた遊んでほしいもんだ。

IMG_4366_20190331200739383.jpg


8年間、幸せな時間をありがとう。



THEME:うさぎ | GENRE:ペット |

ペットとの向き合い方

先日、よくお邪魔する家のイヌが亡くなった。

何度か書いた記憶があるのか無いのか、元々、旧い知り合いだったところに、私が2010年式の隼を買ったと話したら
モデルチェンジの際のPVに出てくる隼は、うちで飼ってるコだと。
そんなところから、ご存知の通り裁判沙汰になりかける寸前まで揉めに揉め、それから7年ほど。

イヌはコーギーで、最初の飼い主が飼えなくなったとトリマーさんが引き取り
トリマーさんから引き取って飼ったものの、離婚の際に連れて出られなくなり、元旦那に預けていたと。
そしてイヌも飼えるように、何とか戸建ての家を買って一緒に住める環境に。

その家には、イヌとモルモット、車に轢かれたのか死にかけていたところを病院に連れて行き
左前足は麻痺した状態ながら、以来、飼っている元野良ネコがいる。

そのイヌは転々とした育ちもあるのか、とにかく
「ワタシ!ワタシ!ワタシを可愛がって」とアピールが凄まじい。
もう、それはネコを呼んだだけでワンワン吠えるほどで
ネコを撫でてるところを見つけようものなら、グイグイ割り込んでくるジェラシーの塊のような。
1515205083082.jpeg

私がメシを食べてると、足下をソワソワソワソワ。
「コイツが一番こぼしそう」だとでも思われているような。

12歳ぐらいで、歳の割には元気だと思っていたら、クリスマス以降ぐらいに急に調子が悪そうだと。
病院に連れて行くと、腎臓と肝臓の数値が悪く、病気というよりも生来、腎臓と肝臓が弱いコじゃないかと。
ただ、薬で数値が戻らないようなら、もって1ヵ月だと。

クリスマスぐらいに会った時は、いつものようにワンワンワンワン、ワタシ!ワタシ!やったのに............
イヌのこともあって飼い主は実家に帰省せず、そんな話を聞いていたので、正月に様子見に行ったらぐったり....................
食欲は無いものの、水を汲んでやると顔を上げてちょっとずつ飲んでくれるような状態。

「今度来た時は元気になって、またワンワン言うてな」
そう言って別れ、数日後の夜中、亡くなったとの連絡が。

うーん....................
やっぱり、自分が飼ってるわけではなくても、知ってる動物が亡くなるというのは悲しい。
最期に顔を見に行こうと翌朝出発。

ケージの中、まだ少し暖かさも残る体を撫でると、もう歳のせいで涙腺緩いのか涙が滲む....................

このコの人生、転々としたものの、最後は可愛がってくれる飼い主の元で、ゆっくり過ごせたこと。
急な体調不良だったため、何ヵ月、何年にも渡る闘病期間という苦しい時間は少なかったこと。
なにより、飼い主に最期を看取られたこと。

ホントのところはイヌに訊いてみないとわからないけど、遺された者としてはそう思うぐらいしかできない。

イヌは亡くなると目を開けた状態になるとの事で、最後の処置をしてもらいに病院へ。
その後、火葬の段取りを動物霊園へ。

私は用事があったため、骨上げまで立ち会えなかったものの、暫くして
「帰ってきました」のLINEで、立派な骨壷の写真が。
その両隣には、昔飼っていたネコと、昔飼っていた別のコーギーの骨壷も。

まぁ、3匹いれば向こうでも寂しくないだろう。

そしてうちのネコ。
毎度、私が帰宅するとニオイのチェックにやってきて、何もなければひざに乗ってくるのに、他の動物触ってから帰宅すると
「あなた、やましいことはありませんか?」
みたいに、妙な距離を取る....................
その後「チキショー!」みたいに、爪研ぎの段ボールをガリガリと。

嫁よりこっちの方がコワいとは思いつつ、やっぱり生き物を飼う上で
避けては通れない「別れの時」が来たらと思うと気分が沈む。

覆しようのない絶対的な自然の摂理である以上、生きている間、一緒にいられる時間は目一杯可愛いがってあげようと、改めて思った今日この頃です。
THEME:犬との生活 | GENRE:ペット |

日々ねこ

このところ気分が沈みがちな内容ばかりでしたが、そんな飼い主様の心境もなんのその。
マイペースなくせに、朝5時きっかりに「ごはん!ごはん!」と寝ている私の鼻を噛んで起こしてくれる、ねこのミカサを。

うちでは玄関から飛び出したら戻ってくるのかわからないため、1Fには降りないようにしていますが、2Fと3Fは好きに行き来できるように。
3Fは私、嫁、娘の部屋があるものの、私の部屋に入ってくると、並べたガンプラを親の仇かのように攻撃するので無人時は立ち入り禁止。
陽当たりが良く、窓から車や人が見える娘の部屋の窓を気に入っている様子。

最も滞在時間の長いリビングは、この時期だからか、うさぎもねこもよく毛が抜けて掃除の頻度が高く..............
うさぎのチョコは掃除機の音にも動じる事なく、自分のスペースでゴロゴロしているものの、ねこのミカサはすぐに逃亡。

掃除機かけた後の、スッキリしたカーペットがわかるのか、このポーズのまま5分ほど動かない........................
DSC_1100.jpg

こういう姿を見ると、着ぐるみの中に誰か入ってんのか?と感じてしまう
DSC_1103-01-16.jpg

そして、ここ最近よくしている行動を動画に。
(FC2動画は初めてアカウント作ってアップしたので、イマイチ使い方がわかりませんが、サムネをクリックで開くと思います)

窓の外の電線に鳥が留まっているのを見つけると、動画の感じになる。




[広告] VPS


スズメやハト、その他名前のわからない小鳥等色々留まっている中で、どうもカラスに対しては興奮度合いが高い様子。
求愛行動なのか、自分を鳥の仲間だと思っているのか、ねこ様の考えてる事は謎...................


THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット |

ウサギ小屋掃除

今朝は雨降ってるのかと思いきや天気も良く、そろそろかと思いながらも時間的に都合がつかず延び延びだった「ウサギ小屋の掃除」を。

ウサギとネコを飼っている現在.....................
「掃除」という面においては断然ウサギの方が手が掛かる。

うちのチョコは以前のケージ飼いの時は、オシッコのみトイレでできていたものの、サークル飼いにしてからはトイレなど忘却の彼方へ。
ウサギはウンコの場所は覚えないらしいから諦めているが「オシッコをトイレでできるか?」で掃除の労力は異次元レベルで変わる。

そして暖かい季節などは、オシッコが入り込んだケージの隙間やスノコの裏などで固まり、そこからウジがわいて小バエが飛び回る事に..............

ケージに小物、サークルの柵にマットとなると毎度2時間以上の作業。
動物全般に当てはまるとは思うが、掃除において洗剤は使わず、水とブラシと腕力で。
ウサギやモルモットなどのオシッコが渇いて石灰化した場合は酢を使用するぐらい。

まずはケージから。
IMG_9062.jpg

スチームクリーナーも汚れ落としには使えるが、水を入れてから沸騰するまで待つのが面倒で、とりあえず楽したいためコレを。
IMG_9060.jpg

朝っぱらから高圧洗浄機のやかましい音を響かせるが、お隣さんからは「バイクより静か」と....................
IMG_9064.jpg

道路は私道でも壁の部分は公共物だったはず。
ケージ洗った箇所のみ苔や汚れが落ちてキレイに。
こういう社会貢献もたまにはいいもんだ。
IMG_9067.jpg

この後、ケージを組み立て、サークル内にいるチョコを入れ、サークルをバラして洗う。
(この頃には疲れてしまって写真撮る事など頭から飛んでいます)

作業開始から2時間半.................
洗浄機の跳ね返り水で私もボトボト....................

キレイになったと思ったら、サークル内を走り回りながらウンコ撒き散らすところを説教してやりたい..................
IMG_9073.jpg

とりあえず長時間落ち着かない環境で我慢してくれたため、大好物の「あまえん棒」を多めにあげるも、興奮しすぎているのか私の指まで齧ってくれる..................
IMG_9070.jpg
THEME:ウサギの日記 | GENRE:ペット |

暗い部屋で一人~

IMG_8565.jpg

私がヒマにかまけて、フィギュアとプラモの写真撮りながら、手ブレ補正付きのマクロレンズ欲しがってる頃.................

IMG_8569.jpg

女がネコを拾ったらしい。
捨てネコというよりは野良の子猫で、道路脇で死にかけていたとか。

元々、メンフクロウやハヤブサのような猛禽類から、イヌネコ、ニワトリにハリネズミや熱帯魚といった一般的なものまで飼う、生き物好き。
実家にもハクビシンと戦って耳を食いちぎられた、タヌキのようなネコもいたり。
なぜか私の事はカピバラ扱い..............

割と本気でカピバラ飼おうとしていたが、個体の値段よりもマンション飼育の難しさから断念。
今はザリガニ、カメに加えて飼い始めたモルモットに、私の名前を付けて「タマ、ソックリ」と.....................

DSC_0526.jpg

そしてその子猫。
見るからに歩き方がおかしく、道路から線路に向かって行こうとしてたらしい。
迷ったらしいが、見過ごすと気になって仕方ないし、次に通り掛かった時に死んでるのを見てしまったら一生後悔するとも思ったようで保護。

私の数億匹のオタマジャクシなど、刹那にゴミ箱行きの廃棄処分にするくせに、他者へは慈悲深い。

怪我の具合もあるけど、野良の場合、どんな病気を持ってるのかわからないため動物病院へ。
とりあえずネコエイズ等の病気は大丈夫だったらしいが、左前足を脱臼してる上に神経が切れているのか麻痺してると。
左耳も動かない。
内臓も弱っているようで、食べても下痢続き。

野良なため、保険も効かない動物病院での検査費用にケージにその他諸々、結構な額掛かったらしいが、この後、麻痺してる左前足の断脚となると一桁違う手術費用も掛かるであろうが、その辺りはあまり気にしてない様子。
職場が自宅から近いため、昼休みには家に戻って様子見たりの毎日。

私としては、弱ってる時に、また知らない人間が来てストレスになっても可哀想だと思っていたが、ノミ駆除や抗生物質やらで少し落ち着いたと聞き、見に行ってみる事に。

小さいというか細い..............
手を出すと「シャーッ!」と威嚇されるが、エサを持つと、左前足引きずりながらヒョコヒョコとやってくる。
DSC_0716.jpg

「明日も生きてほしい」から付けたのか、名前は「命(メイ)」

DSC_0714.jpg


確かオスだと聞いた気が..............

この感性の微妙さはいいとして、順調に回復して長生きしてほしいと思う今日この頃。


THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット |

おネコ様

今日は晴れている午前中にウサギのチョコの小屋を大掃除。

これまで冬仕様としてヒーターマット?を敷いていたのを、日中は暑いぐらいになったためステンレス製の冷たく感じるプレートと大理石のプレートに入れ替え。

モルモットと同じく、ウサギもオシッコ汚れがカリカリに石灰化して、酢を使わないと落ちず.............
時間と労力を考え「高圧洗浄機」という力技を使うようになってかなり楽に。
(威力がありすぎて、エサ箱など片手に持って洗っている時、手元が狂って手に噴射してしまうと「血が出てんじゃね?」というぐらい痛く、また、水の跳ね返りで使うこちらがボトボトになりますが......................)

その間、ケージに閉じ込められていたネコのミカサは、オープンと共にここへ。
IMG_8293.jpg


大掛かりな工事をしたにも関わらず
「こんな汚部屋になびくとでも思ったか!俗物が!」と、ハマーン様のようなステキなサドっぷりでも見せるかと心配していたが、何のことはない..................
IMG_8297.jpg


大アクビでくつろいではる....................
IMG_82971.jpg


テレビ観て下品な大笑いしてるBBAのようにも見えるが...............
IMG_8298.jpg


一応、アクビの最中です...........................
IMG_82981.jpg


突然、何かに気付いたかのような顔をして......................
IMG_8299.jpg


手を伸ばし................
IMG_8303.jpg


ゴロゴロゴロゴロ..................
IMG_8314.jpg


自分のいるスペースを忘れてるかのようにゴロゴロゴロゴロ...........................
IMG_8313.jpg


当然、この後、転落しかけながらも必死にしがみついて事なきを得ましたが
「おまえがジロジロ見るから落ちそうになったやんけ」みたいなふてくされた表情で睨み付けられました.....................
IMG_8315.jpg


その頃チョコは..............
小屋もキレイになり、機嫌良さげにマッタリとくつろいでいました。
IMG_8318.jpg


THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット |

ウサギの飼い方 1 ~動物病院とケージ

前々から書こう書こうとは思いつつ放置プレイだった、うちのネザーランドドワーフラビットのチョコの環境を書いてみようと思います。

「これからウサギ飼いたい......」
「何が必要かわからん...........」
「費用はいくら掛かるかわからん.........」


こういった方々の参考になるかどうかは微妙なところですが、ケージ選びからオヤツに容器一つまで「せっかく買ったのにイマイチ....」を繰り返し...買い直しては試行錯誤で今に至ります。
プロのラビッターからすれば「わかってねぇなぁ....」と映るかもしれませんが、もし、悪徳ショップのようなところで「この客、詳しくないなら、これも買わせとけ」みたいなムダな買い物させられるのは馬鹿馬鹿しいので、書いていきます。

まずウサギに関わらず、動物飼うのであれば近くの動物病院の評判は調べておいた方がいいと思います。
特にウサギというのはイヌやネコと違い、診れない動物病院があり、また、飼育されてる絶対数の違いから、イヌやネコのレベルにまで医療技術が発達してないようです。
避妊手術・去勢手術のような全身麻酔が必要な場合、気管が脆いらしく、技術の無い獣医が挿管すると気管を破ってしまう事があるそうです。

うちのチョコもかかりましたが、ウサギによくある病気として.........
(かかったというよりは、母親の胎内にいる時に感染するタイプだったため、先天性になるのかも)
1.細菌感染(パスツレラ菌等)による内耳の異常などからくる末梢性のもの
2.微胞子原虫の一種(エンセファリトゾーン・カニキュリ)の寄生による小脳の炎症による中枢性のもの


を原因とする斜頚・眼震・平衡障害(ローリング等)等の前庭障害があります。

妙に首をかしげた姿勢のままだったり、やたら転んだりすると感じた時は、すぐ病院に連れていった方がいいです。

まずケージ選び

ケージは大きさの都合もあるかとは思いますが、私自身は今のもので3つ目になります。
買い換えていった理由を考えて、理想のタイプを挙げるなら.....

・ケージの柵となる網の部分は無塗装なものがいい。
これは、結構柵をかじるので、塗料が体内に入っては健康に良くなさそうな印象だったため。

・床面は木製や金属製のすのこではなく、プラスチック製がいい。
これは賛否あるかと思いますが、トイレを完全に覚えたウサギなら木製でもいいと思います。
(但し、木の角が丸く削ってあるタイプ。直角状態の角材並べただけのすのこだと、角で足を怪我します)
あちこちでオシッコするウサギだと、オシッコが石灰化して染み込み、酢を使ってかなりゴシゴシ洗わないとキレイになりません。
金属製の網状のものは爪を引っ掛けたりして爪が折れたり、足を骨折したりします。

・ケージ下部はキャスター付き
ウサギはよく牧草を食い散らかします。
ケージ周りに落ちた牧草なんかの掃除で、ケージ自体を動かす事がよくあるのでキャスターが付いてると便利です。

うちの場合は180cm×90cmぐらいのサークルの中にケージを置いて、常時ケージは開放していますが、広くなったからなのか、以前ケージのみで飼っていた時は覚えていたトイレを忘れてしまい、ケージ全体がトイレだと思ってはる感じです.....

となると.........

・床下は引き出しタイプが掃除がしやすいです。
ちょっと汚いんですが、新聞紙敷いた上にイヌやネコ用の大きめのペットシーツを敷く感じ。
ウサギは体のサイズの割には「オシッコ出すぎてね?」と思うぐらい頻繁にするので、マメに交換するのがいいと思います。
IMG_8059.jpg

サークルはジョイント式で、パーツの組み合わせで広さを変えられるものを使っていますが、うちはネコもいるので天井部分はホームセンターで材料集めて作成、片側だけタイラップ固定してドアのように開くようにし、側面はネコが手を突っ込むので、100均でアクリルっぽい板を買ってきて目隠し兼突っ込み防護壁のようにしています。
IMG_8073.jpg 

こんな感じで、ケージに関してはウサギが怪我をしにくいような造りで、且つ掃除がしやすいものがいいと思います。





THEME:うさぎ | GENRE:ペット |

ウサギの飼い方 2 ~用品

次は用品のウンチクを垂れていきます。

ここに挙げてるものは全て実際に買って使ってみて「う~ん...ちょっと違う」と買い直したものです。
思い出しながら挙げてるうちに、自分の遠回りさ加減にウンザリしてしまいました........
(注:これらは私の環境に合わなかっただけで、物はマトモなものばかり。ディスッてるわけではないので、あしからず)

試してみた結果、現在使ってるものは記事の下部に挙げています。


まず食器

モルモットのロコを飼った時に購入したもの。
ケージの柵に引っ掛けるタイプですが、ロコの性格なのか、エサをあげると興奮→突進→頭突きという、闘牛のような突き上げで、よくひっくり返していました。
ウサギのチョコにも使ってみましたが、動きはロコが憑依したかのように全く同じで、エサをぶちまけるため封印の結果に。


掃除前に撮ったため汚くて申し訳ありませんが、現在はこれ。
ケージに固定できて、ある程度高さを調節することができるので、成長に合わせて使えます。
IMG_8055.jpg

次に牧草入れ
基本的にウサギはペレットタイプのエサと牧草を与えますが、ペレットは朝夕等の定期的、牧草は常に食べ放題の状態にするので、できるだけ容量が大きいものがいいかと思います。

まず、モルモットのロコの時に買ったこの吊り下げの金属製のもの。
これまたロコが鈍くさかったからか、小さい時にどうやったのかこの網の隙間に首を突っ込み、首吊り状態でパニックになったため封印。


次にケージ内側固定で、かじり木の用途も果たすこれに。
木が柔らかかったのか、モルモットの咀嚼力でも2ヵ月ほどでボロボロに。
更に、木をどんどんかじるため、固定のためのビスが浮くようになり、誤飲しかけたため封印。


今度はケージの外側に固定するタイプに。
ケージ内も広くなるし、ボロボロにもならず誤飲の心配も無かったが、なにぶん外付けなため、ケージとの隙間から外に牧草がこぼれて掃除が大変になったため封印。


やはりケージ内側固定でガッシリしたものにしようと選んだのがこれ。
頑丈で壊れそうにもなかったのですが、四角い囲い状の形状なため、モルモットもウサギも柵に阻まれて奥や底の牧草が食べられずに残ったままとなり、底に溜まりやすい細く柔らかく美味しそうな部分の牧草を捨てていくのはもったいないと思って封印。


そして現在はこれ。
これの良い点は、かなり固定がガッシリしていて大型のウサギが前足かけてもズレそうにもないところ。
そして、網の部分がバネで押さえつける仕組みになっていて、牧草を満タン入れた状態でも、食べて減っていく状態でも、牧草を押さえる圧力が変わらず、最後まで食べられるところ。
IMG_8053.jpg

給水器

これはロコの時に、よくわからない安い給水器を買ったところ、飲み口のところを噛んで形が変わり、飲まない時に給水を止める仕組みとなる「飲み口のところの金属製の玉」が外に飛び出し、水とともに誤飲してしまったことが.....
(水がダダ漏れになっていて、翌日、ウンコにその玉が入っていたのを見つけてわかった.....)

モルモットからウサギに変わった際、もう少し大きめの容量のものがいいんじゃね?という事で、この広口タイプのものを買いましたが、ウサギのチョコは飲み方が下手なのか、広口タイプでは排水量が多いようで、よくむせていました。
モルモットのロコの時に使っていた飲み口の小さいものへ交換し、広口タイプはネコのミカサが使うことに。


巣箱

これは何でもいいと思います。
ただ、ウサギは結構激しく動き回ることがあるので、網になってる部分があるものより、全面木製のものがいいように思います。
そして、掃除というか衛生面を考えると、床板が無いものの方が中にウンコが溜まらずいいかと思います。

現在、下の2つを持っていますが、サークルに野放しとなってからは「ケージ全体が巣箱、サークル内がケージ」のような認識なのか、全く中に入ることはなく、ただの踏み台になっています。




うちのチョコが狂喜乱舞するのがこれ。
元々は昼寝場所のつもりで買ってみましたが、とにかく噛んで振り回してバラバラにして遊んでいます。
寿命としては半月ほどで全て紐状にまで惨殺してしまうので、コストパフォーマンスが.......


かじり木とマット

かじり木も何でもいいと思いますが、これは通販よりもペットショップ等で直接現物見た方がいいです。
同じ商品でも接着剤が大量に染み出してるものがあり、「かじる」目的である以上、できるだけそういったものは避けた方がいいかと。

マットは冬場の必需品。
現在使用してるものは、ロコの頃から数えると9年ぐらい使っているため、恐らくマイナーチェンジ等でもう売ってないと思いますが、熱に関わる電化製品でありながら、噛まれてオシッコかけられてといった過酷な状態で使われるため、国産の有名どころのメーカー製がいいかと。
IMG_8065.jpg

夏場用に金属製のひんやりマットみたいなものがありますが、その手のものを使うなら、使用するにつれ表面の塗装が剥がれてくるので、できればただの金属板状のものがいいかと思います。
うちは塗装が剥がれてきて買い換える際、ホームセンターでたまたま見掛けた大理石風の敷き石が冷たそうだったのでそれを敷いています。
夏場はこの上で寝そべってくつろいではります。
IMG_8071.jpg

以上、用品を選ぶ際の参考程度にして頂ければ幸いです。

マルカン うさ暖 [RH-152]

マルカン うさ暖 [RH-152]
価格:2,036円(税込、送料別)








THEME:うさぎ | GENRE:ペット |

ウサギの飼い方 3 ~エサとケア

次は食べ物の関して。

これは個々好き嫌いがあるため、どれがいいかはわかりませんが、チョコが食べてるものを挙げてみます。

主食

生まれて間もない頃に飼いはじめ、そこから半年ぐらいはこれを食べていました。


以降はこれのみ。
毎日毎日、数年間もよく飽きないもんだと感心するぐらいねだります。
IMG_8007.jpg



牧草

牧草にはマメ科とイネ科があって栄養素が違います。
生後半年ぐらいまでは栄養価の高いマメ科の牧草、それ以降はイネ科に変えていくような感じですが、体調が悪かったりする時は、今でも栄養価の高いマメ科の牧草を与えたりしています。


モルモットも同じでしたが、うちにきて半年ぐらいはマメ科のこれを食べてました。


そして半年ぐらいから、イネ科のチモシーの柔らかいタイプを混ぜていき.....


完全にイネ科のチモシーに切り替わってからは殆んどこれ。
IMG_8014.jpg



上のものより若干安い牧草。
生意気にもチョコは、こちらは一口食べてケージ外にまで掻き出して「安物なんか食えるかぁ!」をアピールします。
通販の送料無料狙いの金額合わせに買ったものだから仕方ありません..........
IMG_8019.jpg




主食と牧草に関しては、成長するにつれて栄養価の高いものからフツーのものへ切り替えていく必要がありますが、基本的に7:3、5:5、3:7のように、食べ方の様子見ながら混ぜていけば自然に切り替わってくれます。
ただ、牧草に関しては個々の好き嫌いがあるようで、安物はポイッと捨てられてしまいます.......


おやつ物

下記4種類のおやつをローテーション的に買っていますが、どれも食いつきようはこんな感じです。
IMG_8039.jpg

IMG_8002.jpg

うさぎのあまえん棒 130g 関東当日便

うさぎのあまえん棒 130g 関東当日便
価格:337円(税込、送料別)



飲み水

これはハッキリはわかりませんが、「○○の水」みたいな、買って飲むような水は必要ないかと。
特に硬水軟水などの絡みが、ウサギに対してどう影響するかわからないと思っています。


ということで水は水道水でしたが、生後半年から1年ぐらいまではこれを混ぜてビタミンを補っていました。


敷き草

これは飼い主さんの好みですが、チョコの場合床材がプラスチック製など硬い素材だったため、床ずれのような炎症を起こし、それ以来、手間はかかりますが敷き草を使っています。
敷き草は、草食動物ならだいたいどの種類にも使われるバミューダヘイを使用。
水はけがいいらしく、オシッコなんかで濡れても染み込みにくいようです。

敷き草なんかはケチッて使うものではないため、キロ単位で購入し小分けにしてサークル内へ。
汚れたらドンドン交換しています。
IMG_8077.jpg

IMG_8067.jpg



ケア用品

これは爪切りとブラシぐらいかと。
風呂に入れたり洗ったりなどは全くした事がありません。

いくつか試したうち、この形が一番切りやすいのでチョコもミカサもこれを使って切っています。
チョコは「抱っこ=レ○プ」ぐらいの感覚で暴れるため、毎度ブランケットで頭をくるみ身動きできないようにしてから切っていますが、こっちの手は傷だらけ.......
IMG_8075.jpg

ブラシは右から古い順で、現在はグリーンのクシ状のものを使用しています。
慣れないうちはブラシ状のものの方が怪我させなくて済みそうな印象でしたが、ブラッシングに慣れてくると、色んな角度からとにかく大量に解いてやる!となるので、クシ状のものの方が根元からいけて使いやすいです。
ピンセットは、ケージの隙間に挟まったウンコ取る用。
IMG_8063.jpg

番外、ハーネス
チョコと散歩を夢見て購入。
が、着せてみようとしたら「殺されるー!」かの勢いで暴れまくり.....
私の手が引っ掻かれて血だらけになったので、1度も使用することなく封印。
IMG_8061.jpg



基本的に、ウサギに関するものはまとめ買いで安い、こちらのショップで購入しています。
charm
THEME:うさぎ | GENRE:ペット |

ウサギの飼い方 4 ~まとめ

ウサギを飼うにあたり、気をつける点としては「体調不良などの訴えがわかりにくい」ところだと思います。

ウサギは声帯がないため鳴き声を上げません。
(怒った時は「ブホ!ブホ!」みたいに喉を鳴らすことはありますが)

普段の素振りとちょっと違うなと感じたら、ほぼ体のどこかに異状が出ていると思っていいと思います。
ただ、歩いていて、突然バタン!と倒れて寝ることがあるので、最初は死んだのかとビビりました........
小動物ほど、食べ物や飲み物の影響を受けやすいので食べさせてはいけない物などしっかり理解しておく必要があります。

そして、暑さ寒さに対しては、言われてるほど弱くないように思いますが、どちらかというと暑さ対策は必要かと思います。
(うちは夏場の留守中、ウサギのためだけに15年落ちのエアコンをつけっぱなしだったため、電気代が結構かさみ、今年、省エネタイプに買い換えました.....)

基本的に、小学校の飼育小屋という屋外に年中放置されても生きている動物なので、見た目より頑丈だと思います。

動物特有のニオイも無く、ウンコは固い粒状のものをするだけなので掃除も楽で、鳴いたり吠えたりもしないため静かな環境で小動物を飼いたい方にはおすすめです。
(朝晩問わずガサガサしますが)

室内で放し飼いにするなら、習性的に「噛む」生き物なので、電気コードの加工などは必要ですが、すぐになついてくれて可愛い動物です。

寿命は8年~10年、長くて15年ぐらい生きるようですが、天寿を全うさせてあげるのが飼い主の責任だと思います。

ウサギに関してはこんなところです。

また思い出したりしたら追記していこうかと思います。

経験だけで語る独りよがりの内容を、ここまで読んで頂きありがとうございました。

IMG_1228.jpg

IMG_2366.jpg

IMG_6679.jpg
THEME:うさぎ | GENRE:ペット |
プロフィール

unknown

Author:unknown



同じブログサイトに「引っ越し」という、全く意味の無い事をやらかしてるunknownと申します。
プロフ詳細はコチラをご覧下さい

Link


Link