自遊路在に絵空事

「乗り物履歴書」のカテゴリ

改訂版・私のバイク履歴

という事で、前に書いた時からまた乗り換えたので、追加及び、これまでの内容も記憶にある限り追記したいと思います。 二輪に関しては、原付き→中型→大型と、今となってはクソ回りくどい免許の取り方をしましたが、その分、より大きなバイクに乗った時の驚きも含めて色んなバイクを乗れたのはよかったかなと、自分に言い聞かせ慰めております.................. デジタルといえば時計ぐらいしか思いつかなかった、呆けてばかりの...

210系 TOYOTA HVクラウンアスリート

約1ヵ月半に及ぶ代車生活も終わりを告げ、先日ようやく納車。追突事故での代車は、最長1ヵ月。当然、乗ってたプリウスより車格の劣る代車なんて乗るつもりはなく、トヨタレンタリースでプリウスを用意してもらう。それでも下位グレードだったため「譲歩に譲歩して乗ってやる」という姿勢で、相手方保険会社の担当に伝える。とりあえず、この相手方保険会社の担当は若い女の子で、あまり計算が得意ではなさげ。プリウスは残価設定...

SUBARU レガシィGTワゴン BG-5型

レガシィとしては2代目に当たるツーリングワゴン。エンジンはスバルお得意のボクサーエンジン、水平対向4気筒。ターボモデルは、低回転ではシングルタービンのみ稼動し、高回転でツインターボとなる2ステージツインターボとかいう250馬力。(画像は、またもや持ち合わせてないためネットから......この型ぐらいからレガシィが有名になり始め、年式的に「後期仕様」みたいにカスタムされたものが多く、全く同じ型と色を探すのが結...

NISSAN R32 GT-S-T Type-M ~其の1~

今から15年ほど前に乗ってた車で、2L 直6ターボのFR、最も思い出深い車であり、また、今でもNISSANの傑作だと思える車。NISSAN R32 GT-S-T Type-M。(毎度、画像が残ってないため参考画像です....)当時、峠や環状線を走る中、その頃ですら古い車であったKP61スターレットやワンダーシビックもちらほら見掛けたが、やや古い車として頭文字Dの影響もあってか、絶大な人気を誇っていたのがAE86(レビン/トレノ)借り物でしか乗ってないた...

NISSAN R32 GT-S-T Type-M ~其の2~

タービンブローで修理中、新たなバイト先であったガソスタまでの交通手段は徒歩.......そこで一緒にバイトする事になったのが、後のうちの奥さん。ハワイ育ちなため、車は16歳から乗っており、自宅ガレージで全塗装するほどこだわりを持つ変態。「付き合うなら、私より運転上手いのが最低条件で、黒いスポーツカー乗ってたらもっと良い」というのが男選びの基準という、野生動物並みにわかりやすい条件。「変わってんな....」と言...

70系TOYOTA SUPRA

平成元年式のGA70型スープラ・ワイドボディ。(注:当時の写真が無いため、カタログ参照です)免許取って初めて買った車。何の知識もなく、ただリトラクタブルライトのMT車に乗りたくて「見た目カッコよくて安い」という理由だけで選択したのが運の尽き...........まず街乗りでは、タイヤの舵角が浅いのか、小回りが利かず難儀する.......2000ccワイドボディ..........パワー無いのに重く「走らない・曲がらない・止まらない」の三拍...

SUZUKI HAYABUSA1300 ~2代目編~

と、そんな感じで現在は2代目に乗って2年弱となりますが(自分の持ち物が「こんなスゲー!」と言うのは馬鹿っぽくてイヤなんですが)「乗り方」や「加速」など含め、極めて個人的に正直な感想を述べると.......低速から高速まで、車体独特のクセ(低回転でもたついたり、ドッカンパワーバンドのような)もなくオールマイティーにこなせるバイクでスロットルの開け具合でどのような走らせ方にも応じてくれる。良く言えば「受け皿が広...

SUZUKI HAYABUSA1300 ~新生編~

全損扱いになった隼は、エンジンかかるにはかかったが、案の定トラックのようなバラバラバラという壊れた音。走行距離900km台。輸入3ヶ月待ちで納車半月。国内市場で同じ条件の中古車などあるわけもなく、保険会社も資料が無い。保険会社の担当は、バイクの修理費が180万円を超える事があるなど知らなかったのか「基本的には修理が前提で.....」と言ったため「じゃあ、フレーム繋ぎ合わせて修理した後、おたくが300km/hで手放しし...

SUZUKI HAYABUSA1300 ~サヨナラ編~

片側2車線の国道。渋滞していたため、車道外側線内を60km/hほど(としておく)で走行。ちょうど私が通り過ぎるかどうかのタイミングで、右側にいた車が店舗駐車場に入ろうと左へ。私の車体右後部に、車の左前部が突っ込む形に。足払いのようになり、大きく右に傾くのを逆ハン切ったところで立て直しようもない。右側に倒れ、右側頭部を地面に打ちつけたものの意識は飛ばず。これまで何度も転倒や事故をして「コケるのがわかった時点...

SUZUKI HAYABUSA1300 ~慣らし2段階目編~

それから半月後。隼駅があるという事で隼乗りが集まる鳥取県八頭町。そこで行われる「船岡竹林祭り」にソロで行ってみる事に。計算すると、行きに慣らし第1段階が終了し、帰りに第2段階に入る。5000回転でも高速道路で全くストレス無し。180km/h巡航ぐらいなら、片手でメール打ちながら運転できそうなほどの安定感。現地到着後......~以前、バイクセブンに行った時、駐輪場に停めてた私の隼を視姦するかのようにガン見している...

SUZUKI HAYABUSA1300 ~初乗り編~

今回は現在乗っているSUZUKI HAYABUSA1300このFC2ブログを使っていて、その機能の一つである「検索キーワード」というものがありどういう基準でヒットしているのかわからないが、Yahoo!やGoogleの検索窓に入力した文字からこのブログに辿り着いた場合、どの言葉で検索に掛かったのかがわかるようになっている。その中でよく見掛ける「隼 乗り方」と「隼 加速」に関してと、事故で一発廃車になったりもした事なども混ぜ込みながら、...

VJ22A型 SUZUKI RGV-Γ (ガンマ)

今回は SUZUKI RGV-γ(ガンマ)色もこれと全く同じもので、前オーナーが言うには限定カラーだったとか。前オーナーは幼稚園の頃から付き合いのある友人で、ムチャ乗りしまくるため、限定カラー(ホンマかどうか知らんけど.....)がキレイだったのは納車後数日間だけ。前回のDio-ZXの話の中に出た「緑地公園ヘビ道」が、このクラスの各有名峠デビューまでの練習場のような場所で(このヘビ道というのは全長にすると1kmぐらいの狭いワイン...

HONDA Live Dio-ZX

このところ私的な面ではバタバタしながらも、特にバイクに乗る事もないため回顧録的に何か書いてみようかと。Live Dio-ZX16歳の輝かしき少年時代。原付免許を取り、その晩、勝手にオカンが乗ってたJOGをヤンチャ風にしてやろうと作業中運悪く見つかってしまい、クソほど文句言われる。「コ●すゾ!ババア!自分で買うわボケッ!」と啖呵切ってしまい、自分で買った原チャ。あの時「母さん、僕、スクーター欲しいんだ」と、潤んだ瞳...

Top