unknown

unknown


このシートバッグ.........

DSC_0052.jpg


購入してすぐブログに挙げましたが、実際使用しての感想を追記的に。

それまで使用していた容量7Lのシートカウルバッグでは、殆んど積載できないため
長距離ツーリングする際の天候、気温の変化に対応できる装備も積載できるサイズを探してたところ
デザインが珍しげで買ったシートバッグ。
(これまで、この「珍しげ」に惹かれて失敗した事多々にも関わらず........あまり学習能力は高くありません)

容量は通常14.5L、ジッパー開いて縦伸び状態にして18.5L
元々、バイクに限らず、出掛ける時は荷物極力減らす手ぶら好きなため、もっとサイズの大きなものもあったが
これくらいあれば1泊ぐらいの荷物は詰め込めるかと。

見掛けは小ぶりながら、通常状態で..............
・カッパ上下(荷物のかさばり具合は、これをいかに圧縮できるかで変わる)
・ジャケットインナー(薄手)・トレーナー・ウエス・ヘルメットの予備シールド・500ccペットボトルお茶・その他、携帯やインカムの充電器やらゴチャっと

これら詰めてもまだ余裕あり。

宿泊時、最大容量にすれば私服とまではいかなくても、パジャマに下着ぐらいは入るかと。

それ以上に荷物積む必要がある時は、ツーリングネットやゴム紐縛りで、リミッター効かせても落ちない事を白ブサさんが証明してくれたため

それでいいやと。

必要最低限の荷物での移動好き、且つ、珍しげなデザインマニアにはいいのかもしれない。

ただ、使用してみての残念な点は..............
・小物入れやポケット、仕切りがない1BOX的造りなため、予め自分で小分けして入れないと、走行中にシェイクされ、中でグチャグチャに。
(たばこの葉っぱだらけになった)

・開口部分であるジッパーの辺りがフニャっとしてるため、荷物をある程度入れなければ、ビシッとした外形に整わない。

もう少し横幅があればいいかなと思うものの、実用性では特に可も無く不可も無い印象です。

関連記事



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

インナーキャップで夏を変質的に快適に
Googleマップのナビの音声案内の陽気さが気になる