unknown

unknown



ここ最近、どこで知ったのか、私の書くブログが娘に見つかった。



御歳10歳。



多感なお年頃にはまだ早いとは思えど

「キモいからチ○コ握りながら苦しそうな顔して昼寝すんな!

と、なかなか小賢しい事を言うようになった。



そして世の父娘の関係においてのパターンとして

「父親が楽しそうにしてる趣味に許容と追従」

「父親の趣味を変態と感じ、完全拒否」


大体この形に収まるように思う。



(性的な趣味ではなく、ホビーやカルチャーの面で。

性的な面でいくと........



パソコン開けられた時点で「おまわりさーん!」になると思われる.........)



前置きがタラタラとなったが、娘のパターンとしては



「バイク乗りたい」



「2ケツしたいん?」と訊くと

「運転したい」



これは微妙...............



私自身これまで、即死ではなかったのがまだ運が良かったと思えるほど、バイクで散々ケガをしてきた。



危険な乗り物というのは重々承知。

父親の立場としては、娘にはバイクに乗ってほしくないなというのがホンネな反面、娘とツーリングなんてのもいいかなとも。



ただ、この娘。

嫁の劣性遺伝を超絶に受け継いだのか、とにかく鈍臭い。



先日は、ただフツーに歩いてただけで足が痛いと言い出し、痛がり方と腫れが酷いため、捻挫かと病院連れてくと



「靭帯損傷」

ガッツリと固定されて松葉づえ。



私自身も靭帯は事故やスポーツ中に両肘、両膝、両足首を断裂しかけるほど伸ばしている。



が、娘はただ歩いてただけというミラクルな理由。



この人は、この先ちゃんと生きていけるのか?と心配になるレベル。



これで大型バイクに乗りたいと。



車と違い、自分でバランス取らないといけない以上、身体能力はある程度必要かとは思うが........





正直言って.................



アミバが世紀末覇者を目指すぐらい無謀。

多分、乗る以前、跨がろうとして股関節脱臼ぐらいやらかしてくれるはず。

大型バイクが黒王号とすれば、チョイノリみたいなマキバオーでも危ういレベル。



まぁ、どうしても乗りたいと言うのならば.........



レザー&プロテクター上下は最低限装備させて....とは思えど..........



とりあえず、見た目は太くないものの、ポッコリ60cmという





嫁より遥かに太く、革パンのボタン留まらない腹回りを何とかしろと.............





世のバイク好きで娘をもつお父ちゃんは、どう考えるのか、気になるところ。






関連記事



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

今にも落ちてきそうな空の下で
柔の拳ではラオウは倒せぬ