どうせなるならハンター

unknown

unknown

昨日は娘と家でグータラ………

昼過ぎに、隣の家の子が誘いに来て出掛けたと思いきや
家の前で動物園かと思うほどギャーギャー走り回ってうるさい………

ちょうど、隣の奥さんの姉家族も遊びに来てたところで、まだ小さなそこの子らも混じってた模様。

一応、怪我したりしないか外出てて見てると、奥さんの義兄も外へ。
ちょうど4月に隼一発廃車の事故後にしたバーベキューの時に会って以来
その人もバイク事故で肋骨6本折って退院したばかりだった。

その後、相手方の保険会社と話がこじれてるようで、何だかんだ話しながら、最近【エビ】を売ってると。

観賞用のエビで、数cmほどの大きさながら色によっては10万超えたりするらしい。
(10万あれば伊勢海老を胸やけするほど食べたいが…)

が、自分も一時期熱帯魚にハマってた為、わかる事が。
【小型で珍しげなものほど、すぐ死ぬ】………

珍しいというのは、極めて一部地域の限られた環境でしか生存できないという事。
水槽の中をその環境にセッティングするのは、結構難しい………
【川と海が混ざる辺りの塩分濃度で〜】みたいな、考えただけでハゲそうな魚などハナから論外。

酸性・アルカリ性の水質適応考えずに混泳させて、プカ〜っと昇天。
安物ヒーターが壊れ、沸騰寸前でプカ〜っと。

水温・水質、水上付近を泳ぐのか底を泳ぐのかで混泳時のエサの回りやら、失敗の繰り返し………

そしてお義兄さん。
自宅一室を完全に【エビの間】とし、繁殖させてるとの事。
機材は知り合いから格安で集め80万ほど。
温度を一定に保つ為にエアコンはつけっ放し、水槽周りの電気代が月5000円ほど。

収支のほどは、たかがエビとは言え、マニアにはたまらないようで、結構売れるらしく
ようやく原価消却できたところらしい。
(俺自身はプレコ系やガーのような古代魚系が好きな為、エビなどエサにしか見えない…)

水物はかなり手間で繁殖となると、更に目が離せない。(すぐ共食いする)
地震と長時間の停電、キッチン周りから電源取ったりすると
炊飯器やパン焼き機をタイマー設定にしてブレーカー落ちたり…

繁殖ではなく【捕まえて即販売】の方が、元手が掛からずよさそうな気も………

『クワガタハンターツーリング』なんてのもいいかも。


関連記事


画像タイトルや代替えテキスト


最終更新日-0001-11-30
Posted byunknown

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply