unknown

unknown


朝からこんなものをガレージから引っ張り出してみる。
IMG_1848.jpg


ザ・スチームクリーナー

あやしげな時間帯に、頭のネジが揺るんだ陽気さのアメリカ人がやってる通販番組。

「ウソつけ!」と、その世界制覇もできそうな過剰演出の洗浄力が、あやしさを通り越し、もはやコントだと観ていた.........

が、義母が「これ買ってんけど邪魔で」と、実物持ってきた........
くれるというなら貰っておこうと、以前乗ってたRF400RVに使ってみた時のこと。
仕組みとしてはラジエーターのようなものかと。
タンク内で沸騰させて、ノズルから蒸気を噴射するような。

このRF、中古で買って決してキレイとは言えない状態。

スチームクリーナーに水を入れ、暫し待つ。

説明書など全て英文、当然読むわけもない。

.......なかなか沸騰しない。
「おかしいな?」とノズルを振ったりしていると、いきなり蒸気が噴射.......
ちょっと火傷する.....

ノズルにスイッチがあるわけでもなく、単なるホースみたいなもので、タンクが空になるまで垂れ流し。
使い勝手が悪すぎんぞコレ........というのが第一印象。

そして、当時で15年落ちだったRFのフロントフォークから洗ってみる
が、もう劣化していたのか、汚れどころかフロントフォーク表面の金属がボロボロ剥がれる.......

そしてスチームクリーナーの水もすぐ無くなる.......

その使えなさにイライライライラ..........

水を足そうと給水口のふたを開け、水を入れた瞬間、噴水のように熱湯が吹き出し、また火傷。

本体をよく見ると「冷めてから開けなさい」みたいな事を英語で書いてある。

「(#`-_ゝ-)......日本語で書かんかい!ゴルァ!」
と、コンクリートのブロックに投げつけ、スチームクリーナー死亡。

暫くして、また義母は似たようなスチームクリーナーを買って、また「やっぱり置き場所が....」と、うちに持ってくる。
(プチアルツなんじゃ......)と思いながらも、またもや貰えるものは貰う。

今度は初代のダメさ加減にクレーム出まくったのか、タンク容量がデカくなり、ノズルにレバーが付き
握ったら噴射という仕様
に。

チェーンルブが飛んでドロドロになりがちな、リアの下回りを洗ってやろうかと。
外気温が低く、普段より濃くなる蒸気まみれになりながら洗った結果..........

汚れは殆んど落ちず、電気水道、自分の時間を浪費しただけの見事な結果に.......

PC内にいる二次元の彼女達と戯れていればよかったと、虚しくなった一日のはじまりでした.....
関連記事



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ワコーズ・プロステージSを隼に
チェーンメンテで危うく指が隼の餌食に.....