unknown

unknown


soukan.png


H女史:
「今年の3月にR子が娘の学費を今日中に振り込まないと退学になるといった内容でO氏に連絡がありました。
O氏は退学になっては大変だと、O氏の会社運営資金を崩して80万円を用意しR子に振り込みました。
そして8月になっても1円も返済されないまま今日に至っています(9月中頃)。
O氏がR子に返済を迫ると、見ただけで明らかに不渡りだとわかる手形を担保に出してきました。
私がうちで使ってる銀行のコにその手形を調べさせた結果、個人情報の壁がありましたがほぼ紙切れ同然という事がわかり、O氏にすぐ銀行へ行くよう伝えた結果、はっきりと不渡り手形を掴まされた事がわかりました。
それ以降は「無いもんは無い!」といった調子です」


続けてH女史:
「O氏は善意を踏みにじられ、現在ノイローゼになって、R子と刺し違えて自殺しかねない状態です。
ただ、80万円は長男Y男さんがO氏へ払ってくれたので、O氏の会社は何とかなりました」


ここでO氏が到着。

~話は3年前に遡る

3年前、H女史・O氏・R子の3人で飲食店を立ち上げた。
H女史はピアニストとして店でコンサートを開いたりイベントを企画したり......
O氏は大工という本業の傍ら、店の内装や雑貨などに凝ったものを作ったり......
R子は料理が上手いため、それをプロのレベルにまで昇華して、味で客を呼べるように.......
それぞれが生活に困らない基盤は持ちつつ、自分達の趣味を実現する場を造り、それを軌道に乗せていこうという形で始めた店。
場所も5年後には取り壊しが決まっている建物を5年契約で借り上げ、その間にR子のレベルを上げようと。

H女史・O氏は出資者としてイベント事以外は店に出ず、R子を店長としてやっており、通勤とプライベート問わず使用する車はO氏がR子に渡し、燃料や保険、税金もO氏持ち。
材料費や光熱費その他、売上が赤字の時はO氏から最低5万円は支給されている状態。
義母Su子も週一で手伝いに行っている。

~~~

その店でイベントなどがあって忙しくなる時は、H女史から連絡があって妻S子や娘U子がバイトに行ったりもしていて、その送り迎え等で私もO氏には何度か会った事があるものの.........
ファミレスに現れたO氏は一目見てすぐに精神的におかしいのがわかるような状態。
私が持っていた「陽気な大工のおっちゃん」の姿ではなかった。
O氏は長男Y男からの振り込みでお金の面は何とかなったが、物理的なものより心情的にR子が許せず
「この80万円は、あくまで私がお兄さんから借りたお金。R子からキッチリ回収してお兄さんに返します」

話が進むにつれ、長男Y男は「店の開業資金が必要!」とR子に言われ、数百万円を渡したらしいが、H女史・O氏いわく「R子は資金は1円も出してないよ」と..........

そして同時期に、私の実家への接触の件も話した結果........

H女史:
「R子の借金被害者の会を作ります。
これまで、借金するにあたって会う人ごとに違う理由を言うから話が繋がりませんでした。
それをメールのやり取りならそのまま転送して、R子と誰かのやり取りはその他の全員が共有できるようにしたいと思います。
今までは親類縁者内でやっていたお金絡みの話を、今回はO氏とunknownさんという、外の人間にまで広げてきました。
私は彼女の30年来の友人として、立ち直らせてやりたいのと、見る限り、両親に影響されて歪みつつあるK子をまっとうな道に戻してやりたいです。
O氏はO氏で返済の話を詰めて下さい。
そしてunknownさんは、外から来た身内としてR子とその娘のK子の目を覚まさせてあげる役目をやってもらえませんか?
R子からすれば、姪っ子の旦那さんに論理的に現実を語ってもらうというのは今まで無かったパターンのはずです。
unknownさんが話してみても、R子とK子が心を入れ替える事ができなかったら、私も諦めてあの2人から離れるつもりです」


話の全貌が見えてきて、まず妻S子の弟T君に連絡。
T氏自体が首が回らなくなって、なりふり構わず私の実家へ接触を図ったという事は、T君の妻M子の実家に接触を図ろうとするのと同じ。
M子の実家はトヨタの偉いさんという事で、お金に困る家ではない。
T氏なら、そういったところを狙ってもおかしくない。

T君は話の内容を理解し妻M子に連絡。

~そして2回目の話し合い

私と妻S子、O氏、H女史、そしてR子。

皆、根本的なところではR子がT氏と縁を切り、自立の道を選べば仕事にしても何にしても手助けしてやりたいと。

O氏:
「借用書を書いて下さい」

R子:
「80万円に迷惑料5万円の計85万円を最低、月5000円ずつ返済します」と書いた後「続きをどう書いたらいいかわからない.........」

私&妻S子&H女史:
(こいつ、月5000円ずつって、いつまでかけて返すつもりやねん。しかも借用書なんてフォーマット通り書けばいいのに馬鹿じゃねぇの?)

O氏は完全にアカの他人。
私は姻族関係とはいえ身内。

姪の旦那である私が、O氏の前でR子を叩けばO氏の怒りも少しはマシになるかと臨んだものの、開始早々R子の頭の悪さに私も本気でイライラ.........

私:
「あのね、K子のためにって、この人(O氏)は善意で貸してくれた人でしょ?
返さんなら事故死を装おって保険金で返せとは言ってないでしょ?
そんな人を納得させるなら、そこまでせんでもって思わせたらいいんちゃいます?
僕なら、返済日に遅れた場合は娘に体売らせてでもお金作りますって書きますよ。
するしないは別として、真剣さを感じてもらうのが大事じゃないんですか?」


R子以外はうなずく。

R子:
「それと、これが差し押さえ解除になって売りに出せる物件です。これでお金を作ります」と書類をO氏に渡した。

O氏:
「不動産に詳しくないんですが、unknownさん見てわかりますか?」とその書類を。

私も不動産の事などよくわからないが、住所見ただけで田舎とわかるものが12箇所ほど、用地は全て「山林」
山林て、道路が繋がってないと価値無いような........
ドーナツ型に国有林で周り埋まってる飛び地も価値無いような.........

素人の私が見ても数百万円になれば万歳、どう考えてもT氏とR子が抱える50億円以上の借金は返せない。

O氏も同じ意見。

O氏:
「こんな二束三文にもならん土地の話を出してきて、馬鹿にしてるんですか?」

R子は子供が親に怒られてるのをひたすら「早く時間が過ぎてくれ」と耐えているかのような様子.......

O氏:
「それはそうと仕事は見つかったんですか?」

O氏とH女史が出資したR子が仕切る店は、本来は11時~17時が営業時間。
けど、事情が事情なだけに、15時に閉めて、夜働ける仕事を探すなり、10月中には追い出される今の家の次の家を探すなりしたらいいと言われているにも関わらず、店は定時まで開け17時以降は家でダラダラ......

その店も、R子はK子が通う女子高のPTA役員で会計をやっており、PTAの集まりがある時はパートに任せ、不要な人件費乗せて学校へ.........
しかも、過去、R子はPTA会費に手をつけており「会費を使い込んだから、その分を振り込んで!」と別の親戚に振り込んでもらったという「横領」までやらかしている始末..........

こればっかりは、いくら何でも擁護しきれない..........
学校に知れれば調べが入り、言い逃れはできない...........

今月、その学校ではチャリティーと銘打ってイベントがあるため、結構なお金が動いているはず。
現状、破綻した生活の中、PTAどころではないはずが、躍起になって集まりに参加するのは何か理由があるように私は思う.........

前回、実際に横領したのか、それとも金を引っ張るための口実だったのか知らないが、全てにおいてザルすぎ............

誰かからR子の耳に入れば、当然「やってない!誰がそんな事言うてんの!」
となるのであろうが、それが例えば私なら
「本人から直接聞いたんですよ。
もしそれが嘘だったら、私を訴えてもらって構いません。
その分、私を陥れた本人を私が訴えますから。
ただ、本人さんの名誉もあるでしょうから、言った言わないよりも学校に調べてもらえばシロクロはっきりするでしょ?
結果がどうあれ、私は何も痛み負いませんから」


そう切り返す。

現状、5ヵ月も学費滞納してる事実が加われば、学校も本気で調査するであろうし、真贋問わず噂が表沙汰になったとしたら、お嬢ちゃんばかりが通う学校...その父兄からバッシングが上がり、娘のK子が学校行けなくなる事ぐらい想像できるだろうがと..........

フツー、金が絡むようなデリケートな問題抱えたら、逆トーナメント表のように様々なパターンを予測するとは思えど、R子の頭は2手先も読めない行き当たりばったり.........
今まで、よく生きてこれたもんだと、ある意味感心する.........

そんなこんなで5時間ほど不毛なやり取りをして、一旦解散。
その際、話し合いをしてたファミレスの駐車場に停めていたO氏の車が車上荒らしに遭い、仕事の資料の一切を盗まれていた...........

~さて、そのK子

小さい頃から接する機会も多く、高校1年になって自転車に乗れないと言うから、この夏休みに練習に付き合ったりもした。
乗れたお祝いに、私から自転車をプレゼントすると、すごく喜んでいた。

親類縁者と母親であるR子には
「16歳の女の子が知らなくていい事まで言って、今のお姫様気分から現実に引き戻します。
死にたくなるほどショックを受けると思います。
けど、あのコだけでも助けてやるには、今、自分の置かれた立場と将来を見据えないと、遅ければ遅いほどあのコはダメになると思います」

そう言って、皆の了承を得る。

翌日「ちょっと話あるから出ておいで」と呼び出す。
大泣きされるのはわかっているため、誰もいない私の家へ。

私:
「お母さんの様子やら見て、薄々気付いてるかもしれんけど、K子本人にはどうにもならない生まれ、今まで起こってた事、これから起こりうる事を綺麗事抜きで客観的に話すから、よく聞いて」

K子の表情は強張ったが続ける。

~~~

まず、お父ちゃんとお母ちゃんは夫婦じゃなくて、愛人関係。
その間に生まれたのがK子。
生まれた時から、本妻とその子供から恨まれ、他2人の愛人とその子供らからも憎まれる存在。
いくらお父ちゃんが好きでも、病気しても会えず、葬式に参加する事もできない。

愛人ていうのは俺にもいてるから、お父ちゃんの気持ちもお母ちゃんの気持ちもわかる。

俺と女の関係は金のやり取りは無い。
その女は、最初はヘタレやったけど、離婚を決断して、何とか自分で立って自分で歩いて、自分の稼ぎの中で誰にも頼る事なく子供育ててる。
何が一番大事で、優先すべきは何なのか、しっかり理解してる。
その中で、母親としての時間以外の、女としての時間はあなたに全てあげますと言ってくれる。
俺は強く生きてるその女を尊敬してるから、別れる時は俺がフラれる時やと思ってる。
それぐらい、すごくいい女やねん。

けど、K子のお父ちゃんとお母ちゃんの繋がりは、体と金の関係でしかない。
お父ちゃんはお母ちゃんから金を出させるために知恵を絞って、お母ちゃんは親戚中から金を巻き上げて泣かした。
法事や葬式で皆が集まった時、K子が「パパが〇〇買ってくれた!」って自慢したら、皆の顔色変わった事に気付いてもないと思う。
皆、K子に罪はないと思ってはいても、実際、お父ちゃんから何千万円も借金背負わされた人間もその場にいる。

80歳になったO女史が、腰の骨折って身動き取れず、生活に困ってるから、昔からお母ちゃんに言われるがまま数千万円貸してきたお金を少しでも返してほしいって言った時、お母ちゃんは「無いもん払えるか!」って一方的に電話を切った。

O氏が、お母ちゃんからK子の学費が間に合わんて連絡あったから、会社の資金崩してまで出したのに、半年間「無いもんは返されへん」て無視してた。
O氏はお母ちゃんと刺し違えて首吊る事まで考えてた。

K子がスマホだのお洒落だの言って渡されたきたお金は、生まれた時から今まで全て、誰かを泣かせて騙し取った汚いお金やった。

今回、皆、我慢の限界がきて、何があっても2人には手を貸さないって決めはった。
俺はS子と結婚して親戚関係になった人間で、過去の事は知らない。
どうしてもバイト手伝ってほしいと、お父ちゃんに頼まれて手伝った貸しはあっても、借りは一つもない。
今まではK子の親戚内で、ゆるい頭の人間同士が金のやり取りしてる分には俺は関係無いって立ち位置やったけど、他人であるO氏、それと俺の実家にまでお父ちゃんが火の粉飛ばしかけたから、俺も黙ってるわけにはいかなくなった。

~~~

この時点で既にK子号泣...........
こんな序章にも足りない内容で、これだから豆腐メンタルなお嬢ちゃん育ちは扱いに困る........

K子:
「私はどうなるん?どうしたらいいの?」

~~~

これがアカの他人で好みのタイプのドストライクなら、AV的な展開も余裕であろう。
が、かつては義妹にすら「義兄ちゃんが好き!」と言わせた倫理皆無な私にも、残念ながら好みがある...........
というより、今の女でじゅうぶん満たされているというか搾り取られているため、そこまで元気も無ければ、リスク負ってまでどうこうとは思わない。

とりあえず私が女なら、この段階で体で釣って弱みを握り、傀儡の盾として利用すると思うが、そういう狡猾さも、小学校から女子高の今まで男と話した事もないお嬢ちゃんには想像もできないと思う。

~~~

と、話を戻し..........

まず、生まれの問題。
お母ちゃんがお父ちゃんから死ぬまで遊んで暮らせるお金を貰えたなら、K子は何不自由なく過ごせたと思う。
ただ、いつも「金持ちと結婚したい!」って言ってるけど、本当にそんな時がきた場合、相手がK子の家柄や出自を重んじる家やとしたら「妾の子」「借金まみれの子」ってのは必ず足枷になる。
身近な例なら、本人同士がよくても、その親の〇〇さん(別の親戚)は奥さんの身辺調査して、問題無い家やから結婚許したって聞いてる。

仕事でもそう。
お父ちゃんお母ちゃんは、銀行口座も作れず、カードも作れない状態。
社会的な信用が無い人間。
就職する時には保証人てのが必要やけど、収入の無い人間は保証人にはなれない。
まして「全日空かJALのCAになりたい」っていつも言ってるけど、大きな会社ほど厳しい調査が入るかもしれん。
親が犯罪者やったりブラックリストに載ってると、就かれへん業種もある。

今、本当の事を聞いて、死にたくなるならそれも仕方ない。
この先、もし本当にこの人と一緒になりたいと思える人が現れた時...
何年も必死に頑張って就きたい職を目指して、その最後の段階になった時...
その時になって、初めて身の上を知らされてダメになったとしたら、まず耐えられへんと思う。
これから、しっかり意志をもって生きてもらうために、今俺が話をしてる。
自分の置かれてる運命を受け入れて、これから進んでいかなあかん。

これからどうしたらいいか?はわかるけど、今までの話を聞いて、これからどうしたい?

K子:
「パパがそんな人やと思ってなかったけど、パパを見棄てられへんし、ママも私のために借りたお金もあるから、私も一緒に返していきたい」

~~~

正直、私なら「クソ親が勝手に作った借金なんか知るか!誰か養子にもらってくれ!」と、即、逃亡してるが、このコはまだ甘い戯れ言を言っている.........
それも仕方ないかなと........
これまで何不自由なく暮らしてきたところに、突然、降ってわいた話。
Dio風に言うと「日常から一気に魔界へ....どういう事態が起こっているのか把握できず.....」といったところで、自覚が追い付いてない。

「親を支えて自分もお金を返す」という言葉の重みはまだ理解していなくて当然。

~~~

私:
「お母ちゃんの年齢考えて、1億円って金額を法定最高利率で20年かけて返すとするやろ?
だいたい、毎月130万円以上払わなあかん」


K子:
「パパはいつも帯付きの札束投げて数えてたから、それぐらい誰でも返せるでしょ」

正直、ブッ飛ばしてやりたかったが我慢............

~~~

夏休みに「バイトしたいけど、どうやって働くの?」と訊かれた事が。
父親T氏は生まれた時からのボンボン。
母親R子は縁故でバイト以外、働いた事すらない。

「梅田でバイトしたい!」と言っていたが、確かに梅田という大阪の経済中心部なら働く先には困らない。
ただ、K子の家からバスと電車を乗り継ぎ、早くても1時間は掛かる。
バイトなんてのは時間が全て。
どうしても「これ!」というわけでもないファミレスぐらいなら、わざわざ往復2時間掛けなくても、近所のファミレスで2時間多く働いた方がいいだろうがと。

この程度の事もわからないコに、バイト先や時給、交通の便、時間、様々なものを考えて教え、電話の掛け方、履歴書の書き方まで手取り足取り。

ようやくこぎつけた、今月末から行くバイトの時給で........月130万円て稼げるか?

~~~

俺は事情を知ってるし、お父ちゃんお母ちゃんと金のやり取りは一切無いから、子供の甘い戯れ言と思って聞き流せるけど、実際に貸して踏み倒された人らの前で、甘い事は言わん方がいい。

普通に働いても借金返されへんから、女は風俗やAVで体売ってお金稼ぐ人が圧倒的に多い。
女を使う手段はあって、皆その道を選ぶねんから、K子も当然その覚悟の上で言うてるって思われる。

今ここで裸になって足広げろって言われてできるか?
それぐらい大きな問題。
できないなら軽々しく「ママと一緒に返す」なんて綺麗事は言うな。

K子:
「友達に相談とかしてもいいかな?」

やめといた方がいい。
親の借金50億円以上を全額返済してくれて、住む場所や生活費も用意してくれる友達なら構わへんけど、高校生が聞いたところでどうにもならん問題。

今の学校は何不自由なく育ってきたコらばっかりの学校。
毎シーズン海外旅行にゴルフにレストラン貸し切りでパーティーするんが普通ってレベルの高校生。
もしK子が誰かに相談すると、そのコは親に話すと思う。
親からすれば「そんなややこしい家のコと付き合いなさんな!」って言うかもしれん。
まして、お母ちゃんはPTAの会計。
「借金取りに追われてるような奴に、大事な会費任せられへん!」って俺が親なら言うてる。
それに、残念やけどお母ちゃんはPTA会費を自分のために使い込んだ前例がある。
父兄から声が上がれば学校も動かざるをえんから調査する。
過去の横領は運良くかわせたとしても、今チャリティーで大きなお金が動いてる時期。
万が一、今、そのお金に手をつけてる真っ最中やったら?

お母ちゃんに非のある材料がてんこ盛りの状態なら、疑いをもたれた時点で悪い展開にしかならへんと思うから、相談はやめた方がいい。

それと学校やけど、とりあえずは転校する方向で考えとき。

今の学校は学費5ヵ月滞納してる。
お金が無いのに私学に行く事自体が大きな間違い。
K子が、本気で借金返すつもりがあるなら学校辞めて働くのがスジで、それでも高卒資格が欲しいなら、通信や定時制といった手段もある。

何より、今の状況やといきなり退学通知が来てもおかしくない。
これから社会に出る上で、履歴書の一行目に「〇〇高校退学」の文字は無いに越した事はない。

~~~

それでもK子は
「大学行くなら今の学校の方がいいってママが言ってるし」

................

まだ大学行けると思ってんのか?と呆れるが「公立高校は馬鹿と貧乏人が行く悪の巣窟」と言い聞かされて育てば、こうなるのも無理はないのか.........

~~~

俺な、K子の学校と同じ学区の公立高校やってんけど、うちはカネが無いから絶対受かる公立受けろって親に言われて、レベル落として落としてそれでも偏差値は60の学校。K子の学校は45ぐらいやろ?
私学が全ての公立より学力高いわけないから、よそで聞かれたら笑われるような事は言わん方がいい。
大学入試なんか指定校推薦とか推薦入試じゃない限り、ランクの低い高校からでも賢い大学入れるし、その逆もある。
本人の学力だけが重要で、高校通ってるだけでは大学行かれへんよ。

とりあえずK子自身、お嬢ちゃんのまま育ち、お姫様な生涯を送る確約が完全に破綻した現状、まず「自力で生きてやる」といった意志をもつ事が大切やと思う。

世の中の半分は男。
女だけの職場も無い事はないけど、大半は男がいる。
善人もいれば悪人もいる。
「男と話した事もない」
「制服のブラウスの第一ボタン外すなんか不良のする事」
こんな状態で学校を卒業して外に出た時、どうやって生きていくの?

お金の問題だけじゃなくて、これからの事を考えたら、色んな人間がいる公立高校へ転入した方が、人間的な幅が広がると思うよ。

K子:
「でも、ミドルネームでイジメられそうやし......」

それならミドルネームなんか名乗る必要ない。
ミドルネームなんて「私は外国籍も持ってるんです」って周りにアピールしたいから名乗るもんやろ?
正式な書類なら書かなあかんのかわからんけど、日本にいて、見た目も完璧な日本人で、そこがイジメに遭う原因と思ってるなら、同級生にわざわざ名乗らんでもいいんちゃうかな。
ただ、誰もK子が思ってるほどK子に関心無いって。
男からしたら、ミドルネーム付いてる!ハーフかな?って期待してんのに、現れたんが思い切り日本人って事にツッコミ入れたくなる程度やろ。

~~~

こんなやり取りを3日ほど続け、ようやくK子の口から「公立に行ってみたい」と。

大阪府の場合、中退してまた一年生からやり直す「編入」ではなく、そのままの学年、学期で引き継ぐ「転学」の場合、各学期末にその時点で欠員が出てる公立高校が募集をかける。
現在の学校での成績、学校のランクを照らし合わせながら教頭あたりが転学先の公立高校を絞り受験という形で進めるらしい。
(大阪府の教育課だったかに「大変な事情かとは思いますが、支援金などの制度もありますので」と、私が気の毒な親みたいな扱いされながらも問い合わせて聞いた.........)

~~~

K子:
「けど、その時に募集が無かったらどうしたらいいの?」

K子が初めて自分でこうしたい!って言うた事なら、周りの親戚には、もし次が無かったらまたその次に受けさせるって俺から説明する。
俺がK子の事をよろしくって親戚から頼まれてんから、俺がそうさせるって言うた事に対して、誰も文句は言われへん。
とりあえず、手続きやら説明やらのごちゃごちゃしたもんは考えんでいいから、今は、しっかり勉強しとき。

K子:
「今はパパとママが言う事よりもunknown兄ちゃんが言う事を信用する。
こうした方がいいって言ってくれる事は信じてやっていく。
だから助けてほしい」


~~~

K子への「自覚と自立をさせてやってほしい」という、親類縁者の総意はひとまず果たせたといったところ。

その一報を私から長男Y男に伝えると、また少し展開が変わった。

長男Y男がO女史に「せっかくK子が自立を考え始めたとこだから、またあの親元で毒されないよう、暫くK子を預ってほしい」と。

soukan.png


O女史からその旨、私の考えと違う流れになって気を悪くしてるんじゃないかと、私に連絡があったが
「僕はあくまで外から来た人間です。
求められれば考えや意見は言わせてもらいますが、直系の長男であるY男さんが決定したものに対して口を挟む立場ではありません。
分はわきまえた上で、Y男さんに頼まれれば手伝えるものは手伝うだけですよ」


そしてK子がO女史の家に行く当日。
義祖母F子の老人ホームで待ち合わせるとの事。

O女史と旧くから交流のある個人タクシーのおっちゃんがO女史を乗せてくると。
このタクのおっちゃんは私も何度か会った事があり、同業者同士、色々話しもしたりする。

義祖母F子の老人ホームには私の娘U子はしょっちゅう遊びに行っており、この日も私より先に出掛けてしまった。
私が到着した時、義母Su子も書類の提出にたまたま来ていて、暫くしてO女史とタクのおっちゃん到着。
K子と母R子も到着。

R子はK子を送り届けすぐに帰ったが、後のメンバーはF子の部屋で談笑。
私は自分の女であるA子の家に行く予定だったため、皆より先に退出し出発、その後の事は知らなかった。

が、翌朝、自宅に戻った私が娘U子に訊くと
「あの後、皆で外に出たらT氏が車で待ってた。
タクのおっちゃんを車に呼んで、2人でずっと話をしてたわ」


この場に姿現せる厚顔無恥ぶりにまず呆れる......
「おまえがいるからこんなややこしい事になってんだろうが!」という空気を感じる事もなく......
しかも皆への挨拶もせず、葬式で親族一同の席に座っていたにも関わらず、T氏からすれば義母にあたるF子に会う事もなく、これまで全く関係無かったタクのおっちゃんと話をする..........

次のターゲットに狙いを定めたといったところであろう。
O女史から、次回は会わないようタクのおっちゃんに伝えたらしい。

そして先日、長男Y男が急遽大阪に来るとの事で、私・妻S子・H女史・O氏が呼ばれた。

Y男からは「今回はunknownさんの家にまでご迷惑をおかけして、誠に申し訳なかったのと、本来、お願いを聞いてもらえるはずもないのに嫌な役割してもらって感謝しています」と。

Y男が来た理由は、これまでもH女史がR子と各々のメールのやり取りは全員が共有してたものの、あまりにもR子がY男に伝える内容が違いすぎていたため、それぞれがどういった人なのか知りたいのと、直接会って謝罪したいといったところ。

O氏も以前の死相が出てるような雰囲気もなく、普段の感じに戻っている。

Y男から「今後どのようにしていくのがいいと思いますか?」と。

私がこの状況をおさめるとしたら..........

まずはR子がT氏と完全に別れる事。

でなければ、今だT氏がチョロつく現状、例えば私の娘U子に、何かしら買い与えたりして「あの時してやった」みたいな貸しを作られかねないから、手の貸しようがない。
その上で、R子は保証人不要のUR住宅にでも住み、破産宣告した後、自立して働く事(恐らく、年金も全く掛けてない)。
K子は早い段階で公立高校へ転入する事。
せめてここまでは自分達でやってもらいたい。


そう告げるとY男は「私も全く同じ考えです」と。

Y男から「T氏と別れたという証拠をもって私のところにR子が来ない限り、一切手助けするつもりはありません。
ただ、R子が考えを改め心を入れ替えた時、金銭面ではなく支えとして、また皆さんの力を貸してやって下さい」


兄と妹の関係で複雑な心中察するところながら、とりあえずこれで一段落。

H女史とO氏が、O女史宅にいるK子を訪ねた際、K子の夢見る夢子ちゃんぶりが、かなり現実を見据える考えに変わっていたと。

現実的に返済できる額ではない借金抱え、年齢的にもあと数年生きてりゃいいT氏と違い、R子はまだ50代半ば。
友人、親戚が皆離れてしまった中、社会人経験もゼロ、年金も無し。
T氏に操られるがまま過ごし、贅沢三昧の時期も経験した半生はR子本人の判断と結果。

ただそこに、手段や目的といった道具的に作られたK子は、あまりにも気の毒。
全てが張りぼての中で育てられたお嬢様気取りのK子に比べれば、私の娘という贔屓目を差し引いても、挨拶、感謝、お詫び、義理といった面は幼い頃から口うるさく言ってきた分、精神年齢はU子の方が大人に見える。

そこを早く理解してほしいところ。

私が事故って怪我した時は、心配してメシ作りに来てくれたり、K子にも良い面もある。

現実を早く教え、早く自分のこれからを意識する事がK子のためとはいえ、恐らく私は、これまでのK子の人生最大の精神的ダメージを負わせる事ばかり言ってきたため嫌われるのは仕方ない。

それにしても、オムツしてる頃から知っていて、まだ16歳になったばかりのコに、数日間、数時間に渡りリアルな現実を語り、泣かれ喚かれるというのは予想以上にこちらも疲れる.........

今回、私が矢面に立った理由の一つに「今だに義母Su子が両親を追い出した出来事を、事あるごとにR子が攻撃材料にしてる」というのもあった。

Su子には長男T君がいるが、直接その件には関わっていなかったため、事情はわからず。
その時は私も義息子としてSu子と妻S子に文句は言ったが、それはそれ。
義理の、とはいえ息子が母親の失態に対して文句言うのは当然。
けれど、母親が外から責められるとなると、何があっても息子が味方をする立場。

結果的に私から見ると「皆が悪くて皆が悪くない」で落ち着いたものを、まだほじくり返されて黙っている必要はない。

短絡的な考えしかないR子に、何一つ反論できないよう話を組み立て、親類縁者全員が納得する以上に振る舞い「申し訳なかった。ありがとう」を言わせ、全員を味方につければ、義母Su子に対してR子は言うに言えないようになるであろうと思ったから。

と、この1ヵ月ほどで普段の1年分は喋ったであろう内容に疲れながら、この件を女にも話しているが
「K子ちゃんが住むとこなかったら、うちに来たらいいねん。
あんたが着払いで送りつけてきたオモチャも見せてあげたいし」

と、ニコニコしてる姿がコワい...........
とは言うものの、神経使って疲れてる時に他愛ない内容でケラケラしてくれるのはありがたいところ。

以上、長々と読んで頂き申し訳ありませんが、そんなこんなでバタバタしておりました。
関連記事



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ゴタゴタ話に終止符を ~其の4~
ゴタゴタ話に終止符を ~其の3~