unknown

unknown


昨日は少し複雑な気分にさせられた………

理由は娘との会話。
『男の子に告白されてん』と………

クラスの男の子に『うるはさんが好きです』と言われたらしく
正直、父親の立場よりも男の立場として興味津々

今年で小学3年生。
ヨメの股から出てきた時は、昆布がへばり付いたジャガイモのようで、どうなる事かと思ったが
人並み程度には成長したようで、嬉しい。

『何て言うたん?何て言うたん?』と、嬉々として訊くと

『付き合うよりも、友達でいよう』

理由は………
・彼氏だけに時間を使うより、皆と遊びたい
・【優しい人】がタイプらしいが、その男の子は【面白い人】

『面白い人は、料理作ってる時に笑かされたら包丁で指切ってまうやん』

………料理?
料理どころか『パパ、着替えさせて!』と喚く赤子が………
こんな意味不明な理由で断られた男の子を気の毒に思いつつ…

それにしても、今日びの子供は

自分がこの歳の頃は【局部の名称】や【行為】は知っていたものの
彼氏や彼女、付き合うといった単語すら知らなかった

何というか、自分を娘の同年齢時期に置き換えて
情緒的成長レベルで負けた気分…

娘がこれから誰とどんな関わりをもっていくのかは知る由もない。
自己の体験や、周囲から聞く外道と鬼畜の所業から
『そんなタイプの男のホンネは〇〇やで』との忠告はすれども
娘が決める事を頭ごなしに否定はしたくないところ。

極めて一般的なれど、父親の希望としては、できる事なら
【若い未亡人の母親をもつ男の子】と仲良くなってほしいものである


関連記事



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

大切なものを失くしました
悪・即・斬