unknown

unknown

この週末、かねてよりの告知通り、伊勢神宮ツーリングへ行ってきました。

何日か前から、しきりに「週末は大寒波」と耳障りな単語を目にしていたものの、太陽神アポロンとなれる私の善行から「まぁ、大丈夫だろう」と信じていた。

が、前日、というか当日午前1時。
車にも積もりながら、仕事帰りに降りしきる雪.....................
人間、こんな時は現実逃避しがちなもので、朝にはポカポカ陽気になってるだろうと就寝。

そして翌朝......................
DSC_1012-1.jpg

「雪積もってるやん!」と、雪には滅多にお目に掛かれない大阪人の私は、これでドキドキする。

時を同じくして、近くに住むぽこぺん君からLINEが。
1422828482767.jpg

ぽこぺん邸は山の斜面に建っていて、地面に滑り止めの輪っか模様が彫ってあるような急坂地域。
オイル交換等、バイクで行く時は晴れでも緊張するほど。

が、しかし、そこは住人。
「ちょっと降りれまへん」のメッセージに対しても、雪ぐらい何とかするだろうと
「エンブレ」
「足こぎ」

とだけ返信しておく。

結果、スタッドレス履いた車で試してずり落ちたため、参加は保留に。

単独で西方面との合流地点である桂川PAに向かう事に。

今回の装備は、ユ〇クロ製ヒートテックのアンダーシャツに薄手のセーター、ジャ〇コ製のパッチと靴下。
これにジャケットと革パン。
ベスウォーマーの電熱インナーグローブに冬用グローブを組み合わせようとしたものの、パツパツすぎる上に、スイッチ類のタッチの感触が無い。
3シーズンのグローブに変更。

兵庫西部のNativeさんと、今回、このブログからの初参加となる岡山のつよしさんは発進可能なのか?
一抹の不安を抱えつつ桂川PA到着。

到着後、Nativeさんから「無事合流できたから、西宮名塩SA出発する」とメールが入っている。

雪がチラつく桂川PA。
車から降りてくる人らの「こいつ、このクソ寒いのにアホちゃうか?」な視線が痛く、祈るような気持ちで2人を待つ。

暫くして2人が到着。
写真見て「つよしさんは黒/黒の隼なんで見掛けたら声掛けてみて下さい」とNativeさんに伝えていたが、実際は黒/灰.....................
まぁ、この辺りはアバウトでも何とかなるもんだ。

そして初めてお会いするつよしさん。
中国自動車道の佐用ICから来るつもりが雪で通行止め。
山陽道回りで来たらしい。

常人であれば...........................
雪で通行止め→「はい、無理。あー無理」で帰宅するであろうところを何とかして来る辺り、ただ者でなさを感じる。

そこへ「雪溶けてきたんでブッ飛ばして向かいます!」と、ぽこぺん君から電話が。
そこから30分経たずに参上。
前日「オイル交換してないんで、今回はホンマにゆっくり行きますよ」と言ってた気もするが.....................

さて打ち合わせ。
桂川PAから、関東組との合流地点である伊勢自動車道の亀山スマートICまでは90kmちょい。
一気に走れる距離とはいえ雪。
新名神の様子見ながら、雪がひどければ土山SAに寄ろうと。
関東組から11:30には到着できそうとの連絡もあり、時間的には余裕もある。

出発。
雨であろうが雪であろうが、普段とあまり変化の無いNativeさん先頭。

桂川PAを出て気温は2℃
草津に向かうにつれ雪がひどくなってくる。
寒さ的には、電熱インナーに3シーズングローブで「手は暖かさも冷たさも感じない常温」といったところで、体全体でも凍えるような寒さでもないものの、シールドに雪が積もるのが邪魔。

雪を払いながら、ふと思う。
そう言えばつよしさんは、大型免許取って3ヵ月。
隼に乗って3ヵ月と言ってたはず.....................

が......................................
「いやぁ、冬用のグローブが間に合わなくてコンビニで買いました」
と、まるで小学生が通学で嵌めてるような毛糸の手袋をしてはる、ノーシズン&ノーウェザーなNativeさんに、フツーに合わせて走ってはる.....................
路面が白っぽいのは雪なのか?シミは踏んでも大丈夫なのか?とビクビク走る私が離されそうになる.....................



関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

高野龍神スカイラインツーリング 2/2
伊勢神宮ツーリング ~其の2~