僕はキミに逢うために生まれてきたのかもしれない

unknown

unknown

というパチンコ【エヴァンゲリオン】の確定演出を見なくなって幾星霜…

現実世界で寝室を追い出された

ことの発端は娘…

元々、勤務的に生活時間帯が違う為、夜中にガサガサ起こすのも気の毒で
仕事帰った日は自室のベッドかリビングのソファーで寝る事が多いが…

家は和室が無い為、布団敷くわけにもいかず
娘が転落するスペースを極力無くすよう
寝室はクイーンサイズのベッドに、ほぼツライチになるように
シングルのベッドを引っ付け【一面ベッド】のような配置。
(俺が無●良品製の安物シングルで寝かされてるのは納得いかないが…)

ヨメを真ん中にして寝てるものの、とにかく娘の寝相が悪い…

磁気の狂った方位磁石のように、ぐるぐると回転し
近寄ってきては、頭突きや踵落としに止まらず、ヨダレまで垂らす

明け方、ヨメが起きた時、ちょうど俺の隣に娘が寝てたらしい…

今は首の調子がイマイチな為か
横向きで抱き枕を支えにして、斜め下を向いて寝るのが最も寝やすい

『気持ち悪い寝方…』とヨメが眺めてたらしいが
突然、寝返りをうって娘に抱きつき、パジャマに手を入れ乳をまさぐった上に

『何や、こいつもぺちゃんこか』
と、苦々しそうに寝言を言ったらしい…

ヨメからのビンタで起こされた瞬間
突然テレビが消えたかのように夢から現実へ、そして片手の場所………

すぐに状況は飲み込めた…

『このロリコンこいつ【も】って何』と………

【貧・粗・駄】部門三冠王なヨメ見ながら
『反論しても説得力ないけど、違う』
と釈明したが、ヤブヘビ…

『娘に夜這いかけんよう、ちゃんと自家発電してから寝て下さい』と………

言われなくとも電脳世界とのシンクロ率は
エヴァンゲリオン発進レベル足りない【触覚】など、脳内補完で十二分に間に合う

今宵も、光届かぬ穴ぐら暮らしの地底人のように、ディープな世界へとダイブ

人は常に、ないものねだりと隣り合わせの存在
現状に満足し歩みを止めれば向上心は消え失せ、進化ではなく退化を辿る。

と、力説してみたものの
『難しい言い方してるけど、要は【理性】が無いんでしょ』

……………
末代まで語られかねない汚点を残さぬよう
平素の鬱積解消は計画的かつ、お早めに


関連記事


画像タイトルや代替えテキスト


最終更新日-0001-11-30
Posted byunknown

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply