機械沼 ~前編~

unknown

unknown

前回、少し触れた「レーザーカッター」
レーザー加工機というもので、光をレンズで集束させ、熱で対象を焼き
彫刻・切断・マーキングをする工作機械です。
虫めがねで黒い紙を焼くような...ガンダムのソーラレイみたいな感じです。

大雑把に、部品点数が少なく安価な代わりに出力の弱い半導体レーザーと
冷却必須で大型、大電力のハイパワーな炭酸ガス(Co2)レーザー
金属加工用にファイバーレーザーやYAGレーザーがあります。

3Dプリンターが特許の期限切れかなんかで価格が下がり
KICKSTARTERのようなクラウドファンディングで開発が進んだ事もあって、家庭用のインクジェットプリンターと変わらない価格のものも。

ここ何ヵ月かで見てきた中、728,000円という、個人レベルで購入できる3Dプリンターの中ではこれが最高峰じゃないかと。
ダヴィンチ Color
da_vinci_color_sec3_img.png
これまでの単色や複数色ではなく、色まで完コピしてくれます。

3Dプリンターの敷居が低くなり、次いでレーザーカッターも。
何年か前までは数千万円が当たり前だったのが、数千円のものまで。

さてそのレーザーカッター。
様々なタイプのものが出ていますが、基本は縦横のX軸とY軸移動で、対象は平面になります。
(回転軸を装着すれば曲面加工も可能です)

レーザーカッターと似たようなものにCNCフライス旋盤というものがありますが
こちらはドリルで物理的に加工するもので、縦横のX軸Y軸と深さのZ軸で平面加工。
5軸や7軸のものは立体的な切削が可能です。
どちらかというと、糸状のフィラメントを積層して、無いところから造形するのが3Dプリンターで
木材等、有るものを切削して造形するのがフライス旋盤といった感じです。

といったところで、何故レーザーカッターかというと..................
3DプリンターもCNCフライス旋盤も、立体的なCADの知識がないと何も作れません
3Dスキャナーでスキャンしたもののコピーはできますが..................

平面に対しての加工なら、CorelDRAWやInkscape等、少し触った事があるので、取っ付きやすいかなといったところです。

そんなこんなで、レーザーカッター・CNC彫刻機・3Dプリンターが一体となった複合機を発見。
海外製のBoXZY~450,000円
BoXZYより安いDOBOT MOOZ
こちらは楽天で購入可能です。ダヴィンチ Color
DOBOT MOOZorder="0" cellpadding="0" cellspacing="0">
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DOBOT MOOZ 2-Z フルセット [Dobot-Mooz-Full]
価格:105840円(税込、送料無料) (2018/11/2時点)

楽天で購入


その他の海外メーカーの動画です


45万円とかさすがに手が出ないし、10万円台の複合機は魅力的ですが
加工エリアが13cm×13cmと、ちょっと狭い気が。
それと、器用貧乏というのか、どれも「そこそこに齧る」より、一点特化でやってみて
それで更に興味が出たら専用のものを選択した方が、自分の性格的に合ってるような。

そしてまた深みに.....................
関連記事


画像タイトルや代替えテキスト


最終更新日2018-11-02
Posted byunknown

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply