unknown

unknown


このところニートな毎日により、夕方は必然的に娘と近所の子らの遊び相手をさせられる

今住んでる場所は、元々、自分が育った場所の近所。
微妙なマイナーチェンジはあるものの、小学校で流行る遊びは同じな様子

中当て・ドッジボール・天下・4ピンといったボール遊び。

だるまさんが転んだ・ぬすたん(けいどろ?)・缶蹴りのような道具ないけどとりあえず系。

ビー玉・べったん(めんこ?)・コマのような小道具系。

アルプス一万尺・あやとりといった女の子系手遊び。

もう20年以上も前にやったもの
が、あやとりで何となく………
【ほうき】どころか【はしご】ができる今の自分がキモい…

基本的に、やるからには人より上手くなりたい
人がやらない事をしたいといった小学校時代。

『ブランコで一周してやる』と、ジェットエンジンでも搭載されてなければ無理なのも知らず、必死でこぎまくる中
一番低いとこで落ちた上に、こいでたブランコが後頭部直撃で病院へ

『逆さに降りたるわ』と、登り棒を逆立ち状態で降りるも、腕力で支えきれるわけもなく
ほぼフリーフォールで頭から落ちて病院へ

『傘なんかで飛べるわけないやん』と、パラシュート代わりに買い物袋を拡げ
団地2階の踊り場から勢いよく飛び出すも、当然ただの飛び降りと変わらず病院へ

校庭にあった直径150cmぐらいある、大型特殊車輌のタイヤを転がして
『馬跳びなんて誰でもできるし』
と、校舎からグランドへ降りる、結構な高さと広さのある階段を何人かで押して登り
そのタイヤの内側に屈んで座り、階段上からゴロゴロっと
予想を遥かに超えるスピードと振動に、階段途中で下まで弾き出された上に
そのタイヤに轢かれ病院へ

……よく考えると、称賛の意味で『スゲーッ』と言われた事がない
『スゲー音した』『スゲー落ち方やった』等々……

身の程知らずなマゾ全開に、全てが自業自得…
今だに、縫う程ではなくてもなかなか血が止まらない切り傷なら
アロンアルファで塗り固めるぐらい怪我には慣れた

そんなこんなで、今日は中当て

これも『当てた時の破壊力が違う』
と、バスケのボールでやってた覚えが………

子供相手。
フツーの柔らかいボール。

軽く投げて、それを受けようとした娘。

しかし、顔面に当たってから両手で受ける動作……

なんと安っぽいネタ的動き………

鼻血流しながら『パパなんか大っ嫌い』

…………
この父のように、もっとハイレベルで流血しろよと…

ホントに我が子なのかと疑いたくなる今日この頃


関連記事



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

3秒のために
吉良吉影は静かに暮らしたい