高みを望みて

unknown

unknown

今の職場………
というか、配属先の待機している駅

この駅、俺の通ってた高校の最寄り駅であり、
当然、朝夕は名も知らぬ後輩にあたる子らが、またゾロうごめいている

今はどうだか知らないが、当時は、公立校のランク分けで
進学校とされる中の【一番下】
全体的には【中の中の少し上】という、
極めて中途半端でビミョ〜なポジションの学校

生徒の生態系の9割は………
現代の若者風にしようとしつつ、無理矢理感溢れる男の子達。

懸命に今風を訴えかけるのはわかるが、
スネの真ん中ぐらいの丈のスカートで、
やや昭和レトロなニオイを感じさせる女の子達。

『パンツ見えへんように、高校生にもなってスカートの下に短パン履くなボケッ』
と、独断による主観的見解も交えつつ、毒づきたくなる子もチラホラ…

相も変わらず…といったところか。

と、そんな折、一組のカップル。
【その高校代表】のような、模範的なイケてないカップル

口からこぼれてるであろうエクトプラズムの心配をしそうなほど、
客待ちの退屈を満喫している俺の車の隣でイチャつき始める

絵的に美しくはないが、需要と供給のバランスに感嘆しつつ、
二次元の彼女達に日々癒される自身の現実世界にイライラ

『おにいちゃんら、見てて汚いから他所でやって』
と、ひがみにも似た可哀相なオッサン的発言を何とか飲み込む。

とは思いつつ、暫く観察してみるが、
何か男の子が鈍臭いというか、手つきがたどたどしい………

触るなら触る、キスするならキスする、
こんな場面は有無を言わさず、神速で進めろよと言いたくなるほど
とにかく動きが中途半端というか、痴漢してるかのような動き。

公衆の面前でイチャつくなら、挙動の不審さを払拭してからにして、
と思いながら眺めていると、
不意にその男の子と目が合った

ずっと視線に気付いていたのか、
『俺はこんな事もできるねん』という、
その子からの心の声が聞こえたかと思った瞬間………

突然、女の子の顔を舐め回し始めた…

女の子フリーズ。
こちらドン引き。

犬でもそこまでせんやろというぐらい顔面隅々まで舐め回し、
最後は硬直した女の子の鼻にかぶりついて終了。
満足げに勝者のような顔をしている男の子………

愛おしさからくる照れなのか、嫌気がさしたのかは知らないが、
若干、離れて歩き去る女の子。

正直、負けた
これはさすがに純真無垢な俺にはできない………

眼球舐められるのが好きという人はいたが、
それに等しいアグレッシブな行為は、部屋の片隅で行ってほしいもの。

ヨダレなんて乾けば臭くなるのに、すぐに顔も洗えない野外で、
あの子どうするんやろ?と、案じてしまう。

かつても変人粒揃いだった我が母校。
今だ伝統は守られているようで、少し安心した今日この頃

関連記事


画像タイトルや代替えテキスト


最終更新日-0001-11-30
Posted byunknown

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply