自由気ままに

オッサン1人、ネコ1人の生活も1ヵ月半ほど過ぎましたが、まぁ何とかなっています。
IMG_7326(Edited).jpg

ただ、これまで2馬力でやっていた生活が単独となった事で、どんぶり勘定ではマズいところが多々。
特に「口座への入金」がクソ面倒くさくて..................
これまでは元嫁の通勤途中にいくつもATMがあったので任せていましたが、自分で入金するとなると、まず駐車場のあるところが無く、パーキング代払うぐらいなら結局手数料払ってでもコンビニで入金..................
単身で4LDK、営業車は仕事道具と考えていますが、自家用車のプリウスとZX-14Rの面倒も。
実際、3階の部屋に上がる事もなく、いつの間にか誰かが住み着いていても知りませんといったぐらいムダだらけですが、もはや意地でも維持してやるといった感じです。

という事で、何の依頼も無い時は朝から晩まで仕事。
依頼があって時間調整する時に買い物やメシの下準備。
IMG_7214_20240204205448814.jpg

メシに関しては「デリッシュキッチン」というアプリでレシピを見て作っていますが「醤油・みりん・酒・砂糖」を何たら~とかいうのは全て「すき焼きのタレ」をどれぐらい水で薄めるか?で代用。
「めんつゆ」「すき焼きのタレ」があれば何とかなるんじゃね?ぐらい、結構、万能な気がします。

味噌汁に飽きたらコンソメの素に変えてポトフにしたり、面倒くさい時は弟が送ってくれる健康系のレトルトにしたりで「メシなんて食べるもんであって朕が作るものではない」がポリシーでしたが、やってみると意外と楽しいものです。
IMG_7283.jpg

晩メシ食べて掃除して、何日かごとに寝る前に洗濯機回して。
洗濯に関しては乾燥までするには6kgまでという制限はあるものの、ダブルサイズの毛布ぐらいなら放り込んでボタン押せば、フカフカ状態で出すだけというのは助かります。
洗濯は深夜電力割引が適用される23時以降にやりますが、とりあえず自宅で光熱費掛けるのは最低限にして、仕事で外にといった感じです。

けど、どうしても同居猫のミカサが気になってしまいます。
1人でいる時間が増えて寂しいからか、帰宅して玄関ドアを開けると2階リビングに入るガラス入りの引き戸のところで立ち上がって、にゃー!にゃー!
IMG_7321_20240204205437e88.jpg

たまに「鳴き声しないな」と心配になって着替える前に2階に上がると、階段の途中で走る足音が聞こえ、いつもより遅れて引き戸のところでにゃー!にゃー!
「寝てませんよ!起きて待ってましたよ!」とアピールされてるかのような..................
IMG_7271.jpg

エサを器に入れ、ネコトイレの掃除して、どこかでゲロってないか確認。
自分のメシの準備している最中は足下に絡みついてきて、メシ食べている時は足の上に乗ってと、とにかくベッタリ。
IMG_7292_2024020420544163f.jpg

正直、終わればブツ切りにするのではなく、広く浅く関係を続けて、ヒマな時に「飯炊き&猫の世話」係をしてくれるように何でキープしとかなかったんだと、過去の自分を殴りたい気分になる時もあります。

そんなところでゆうこ。
今だコロナ後遺症のステロイド治療が続いていて、少しずつ回復傾向にあるものの、体調崩してはダウンといったギザギザに緩やかに斜め上に向かっているような状態。
「何もかも放り出して大阪で一緒に暮らしたい」というのがホンネのようですが、どうしても社会復帰してわだかまり無く綺麗サッパリになってからという意地にも似た考えも。

ただ、今の職場は介護施設で看護師として席を置いてはりますが、施設の管理が杜撰でコロナのクラスターを何度か出してしまい、結構な数の入所者が亡くなったにも関わらず、復帰しようとした矢先の現在、また絶賛クラスター中。
ステロイド治療中で免疫下がってる状態で、クラスターの中に飛び込むとか自殺行為といったところ。

一歩進めると思ったら立ち止まらざるを得ない状況に直面し、理性と感情の乖離から情緒不安定になる事も。

コロナ後遺症治療を受けている病院の医者から「うちに来ない?」と声を掛けられたりもあるようなので、リスクヘッジ皆無な今の職場は退職し、日勤時短のパートでもとりあえず社会復帰のリハビリ兼ねて働いてみるのもいいんやない?と、選択肢は多数あるので、考えすぎて体調崩すのは本末転倒だと話したり。

何だかんだ話す中「もう知らんわ!」とブチギレからのシカトモードに突入される事も多々ありますが、翌日にはケロっと「兄ちゃんと〇〇に行きたい」と沖縄だの伊豆だのURLを送ってきたりでイラっと..................
基本、対女においての自分の中でのスイッチは「もういい」「もう知らない」「好きにしたら?」です。
言葉の弾みや売り言葉に買い言葉であろうが、このどれかを言われたらそこでスイッチOFFになってしまい、後からどんな言い訳されようがそこで終わり。

.........でしたが、こういったところが多分、他人と従兄妹で捉え方が違うもんかとも思いますが、何だかんだ文句垂れながら「兄ちゃんが食べれて、食べたそうなもんを勝手に送ったよ」と、FusubonのパンやケーキやEECOのアイス等、結構な値段するのに、こちらの事を考えて探して送ってくる事に感謝してる面が大きい気がして、結局「ハイハイ、言い過ぎて悪かったから機嫌直しや」となってしまいます。
IMG_7253_20240204205446be2.jpg

IMG_7289.jpg

IMG_7297(Edited).jpg

IMG_7315(Edited).jpg

予約で在庫があやしいとかで、2週間前倒しで「いつも優しくしてくれるお返しや」と、天空のスイーツというところから、バレンタインの生チョコロールケーキも。
IMG_7377.jpg

IMG_7378.jpg

IMG_7384.jpg
「汚ったねぇ切り方...........」と文句も.........................

さて、そんなところでいつもと違った話が。
ゆうこ弟Rの3人娘の高校生の子が部活で県代表になったと。

去年9月と11月に行った際、Rの3人の娘に小遣いを用意していました。
上の子から社会人1年目、高校生、中学生で、Rの嫁に預けると9月の時は中学生の子、11月の時は高校生の子と中学生の子も、塾や部活の合間にわざわざお礼言いに来てくれました。

小さい頃からゆうこ同様、仲良くて可愛がっていたRでしたが、ばあちゃん亡くなった後の親父の姉弟間のお金絡みの確執に巻き込まれるように、従兄弟同士も何となく疎遠となっていたにも関わらず「兄ちゃん来るなら顔見に行くわ」と来てくれて、正直、それだけで嬉しいものでした。
本来なら、親戚関係の中でも、結婚した、子供生まれた等で、個人的にお祝い贈るような仲だったはずが、それもできないままだったので、これからはといった心境でした。

そして正月に「お年玉」という事で、上の子は社会人なので失礼かもとは思いましたが、まぁいいやでゆうこの口座にお金を振込み「後はお願い」
そして3人からお礼の電話があり、その後は「こうへいさんは次、いつ来ると?」と、ゆうこは問い詰められ
「あの子ら、こうへいさん、こうへいさんて気持ち悪いわ」と文句の電話が..................
そして特に真ん中の子が「兄ちゃんの話題に、やたら食い付いてくるんやけど」と。

そしてその真ん中の子。
化粧だ何だと年頃の女の子なものの、父親であるRは「口紅が赤すぎる」とR嫁に言い、困ったR嫁はゆうこに「義姉ちゃんから言ってやってくれん?」みたいな話になったと聞かされ..................

正月にお年玉渡して、また現金はさすがにやらしいので、物を用意しようと。
大学生のうちの娘が、快気祝いに自分のお客さんの奥さんからDiorのリップを貰って、えらく興奮していたのを思い出し、Diorのリップを。
色は性癖とか疑われたらイヤなので、ゆうこにチョイスしてと。

最初は「私より娘に訊いた方がいいんやない?」と言われましたが
「女子中高生が喜びそうなもんて何?」なんて娘に訊こうものなら
「パパ、独り身になったからってパパ活とか止めた方がいいよとか言われかねへんやろ.........」
そう伝えると「有り得るわ」で真面目にチョイスを。

下の子もスポーツやっているので「プロテインとか?」と訊くと「怒られるで」とのアドバイスだったので、無難にLUSHの入浴剤のセットを。

「兄ちゃん、甘やかしすぎや、私ですらDiorのリップなんか使った事ねぇわ」と文句タラタラ..................
ゆうこ宅に郵送して、同梱されているギフトラッピングをお願いすると
「はー、私の使ってるORBISと入れ替えてもいい?高校生には贅沢や」
おばハンなんかクレヨンでいいんじゃね?とは思いながらもそっと胸に秘め、よろしくお願い。

一応、ゆうこの機嫌も取るために、手荒れが酷いと言っていたのでL'OCCITANEのプロヴァンスハンドセレクションと「夏用はこの時期寒い」と言っていたヴァーベナのシャワージェルの通年用を。
ただ、実家の方へ送ったので、叔母に「こうくんから何か届いてるから、はよ開けろ」と言われたようで、3本入っていたハンドクリームの「エルバヴィオレット」という柑橘系とハーブ系を混ぜたような香りのものを叔母は「これちょうだい」
翌日、病院行く際に塗って行くと「病院で良い匂いするって言われた」とご満悦だったとか。
ゆうこに「次来る時、ついでに同じの買ってきて」と言ったようですが「その辺の店に置いてねぇから.........」
しかもそのエルバヴィオレットは期間限定物で、通販もどの店舗も在庫無し..................
「価値もわからんお母さんなんかニ〇アでいいんよ」と呆れていましたが、叔母にも何か考えておきたいところです。

リップと入浴剤は、1月に宮崎へ行こうかと思って「お土産」として渡そうと思っていましたが行けなかった為、ゆうこに預かってもらっていたのを真ん中の子への「お祝い」として。
そして下の子用に送っていたLUSHの入浴剤も、LUSH独特というか天然素材系な為、消費期限?のようなものが割と短いらしいので「お姉ちゃんだけは可哀想やから」という事でまとめて渡しといてもらおうと。

そして結果..................
ゆうこが持つDiorの袋を見て、なぜかR嫁のテンションが上がっていたと。
娘の方は「あの子があんなに喜んでるとこ、私見た事ないわ、動画に撮っといたらよかった」というぐらい喜んでいたと。
Rから電話が掛かってきて
「兄ちゃん、あんな高価なもんをありがとうね、絶対また会おうね!メシ食べようね!」
.........もう40歳も超えたオッサンのはずが、子供の時のような話し方。
娘も「試合、頑張ってきます!」と。
下の子も喜んでいたようで、ちょっとしたものでもちゃんとお礼を言ってくれる子らには、また何かしてあげようと思うものです。

さて、今後はまだ不透明ですが、自分の方は仕事、家事、食事とある程度パターンはできてきたので、後は本人が納得いく形にしたらいいといったところです。


関連記事
 0

COMMENTS

 0

TRACKBACKS

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)