大阪にて

この週末は、ゆうこ弟R家族と大阪で少し時間を。

Rの子供3姉妹の真ん中の子が、高校の部活で県代表となり全国大会に出るとの事で家族で応援だと。
ただ、宮崎間の直行便が無く大阪で乗り継ぎ、その間少し時間があるというのでちょっと会いに。

9月と11月に宮崎行った際に3姉妹に1万円ずつ、お年玉も1万円ずつ、県代表が決まった際に真ん中の子と下の子にプレゼント、出発前に真ん中の子に餞別、下の子に新入学祝いで1万円ずつ..................
お金の力は偉大で、娘らは「こうへいさん、こうへいさん」
R嫁も「兄ちゃんに会いたい」

ああ、これは思春期真っ最中の頃に読んで衝撃的だったレ〇プマンという漫画の
「母だ娘だ母だ娘だ!親子丼ぶりー!」な展開か..................

「あんまり調子乗りなさんなよ」
と、今回「私も行きたかったぁ!」と言いながら体調不良によりお留守番になったゆうこからの、ややキレ気味な一言が。

食欲減退で4日ほど何も食べてなかったのに、突然おにぎり1個食べて、そこから「パンツ4枚捨てたからね」という怒涛の下痢..................
病院で出された整腸剤飲んでも効かず「こっち来たら一緒に出掛けたいけど、漏らすから」

我慢羞恥系も良いんやない?と、そっち方向の性癖が芽生えそうにもなりましたが、仕方なく今月の宮崎行きはキャンセルに。

11月の頭から数えて4ヵ月..................
「あのなぁ、俺、15歳で童貞卒業してから32年間、4ヵ月おっぱい揉んでない期間なんかなかってんから、この責任は取れよ、わかるな?」と言うと
「他は完璧やのに、そういう変態なとこホント嫌」と悪態つくわりに

「うんこが水から綿菓子になって、ホイップクリームぐらいに昇格してきた」と、回復過程をわざわざ解説..................

基準がよくわからんなと思いながらも、この「下痢」は自分からは叔母にあたるゆうこ母にも迷惑を。

少し前、叔母の姉が危篤との報せや家を売却の話等、心労重なり精神的に不安定になっていると聞いたので、L'OCCITANEのちょっと小マシな化粧水を送った事が。
叔父からは「ばあさんにはド〇キの500円のでじゅうぶんや」と言われてたようですが、目に見えて肌が良くなってると。
そのお返しという事で、宮崎行きをキャンセルにした前日、帰る時に持たせる土産を買い回り、うちの弟夫婦用にも地元の焼酎やら揃えて..................

キャンセルの原因となったゆうこは実家に呼び出され
「おまえ、これ段ボールに詰めてこうくんとこに送っとけ」と送料握らされたと。
おにぎり1個から、周囲に影響与えすぎ..................

そして届いた段ボール。
オカン用、弟用と中で小分けにしてメモ貼っとくとは聞いていましたが、弟用の焼酎は陶器の入れ物に入ったものとの事で、一応段ボール開けて確認。
IMG_7595_20240325231803585.jpg

IMG_7597(Edited).jpg

実家で開封せんでよかったわ..................


自分への物は叔母セレクトのようで、なかなか渋いチョイス。
IMG_7596(Edited).jpg

そしてR家族と会う当日。
「今この辺飛んでるからちょっと遅れるかな」と、アプリをスクショしてゆうこにLINEを送ると
IMG_7583.png

「飛行機、めっちゃブツかってるやん」

.........いや、地図の縮尺考えろよと。
飛行機が琵琶湖ぐらいの大きさなわけないやろがと..............
説明に疲れながら空港到着ゲートで待っていると「兄ちゃーん!」とRが来たものの、眉毛まで剃ったスキンヘッドにマスク付けて、おまえ、非合法組織の実行部隊やないんやから.........みたいな。

「受験、よかったね、おめでとう」と下の子に言うと、いつも通りモジモジしながら「ありがとうございます」
昼時だったので空港内の店はどこもいっぱい、外に出て車でファミレスへ。
.........せっかく大阪来たのに近くにマトモな飲食店が無いのは悲しいところ..................

ファミレス出てすぐRが「大阪来たからには、たこ焼き食べたい」と。

たこ焼き.........

大阪生まれ大阪育ちだと「たこ焼き」なんて特に思い入れもなく、分類としても「おやつ」に近い感じ。
わざわざ店に入ってテーブル席で食べるようなものではなく、店先で焼いてる持ち帰り専門のとこで買って、歩きながら食べるような屋台的感覚のもの。
とりあえず近くの駅前の店へ。

土産ぐらい持たせたかったので、また空港へ戻り土産物屋へ。
買い物カゴ持って、下の子に「好きなもん入れや」で、RもR嫁もそれぞれ何だかんだ持ってきて買い物カゴ満タン。
部活で行ってる為、別行動の真ん中の子は翌日帰るとの事で会えず、その子の分も入れてお会計。

話の流れから、今回は全部払った旨をゆうこに伝えると
「Rが兄ちゃんに会いたがって時間作ってもらっときながら、兄ちゃんが全部お金出すって、どんなけ甘やかすんや」と呆れていましたが、まぁそんなのはどうでもいいです。
最後にRに会ったのは、Rが中1から中2に上がるぐらいで自分は高校卒業した時のばあちゃんの葬式。
Rも40歳超えたオッサンですが、昔のまま「兄ちゃーん!」と言ってくれるのも、その子供らも懐いてくれるのは嬉しいものです。
というか従兄弟とはいえ「コイツ、イケズな奴やなぁ」と、子供ながらに思う人間はいたので、好印象を与えていた子供の頃の自分を褒めてあげたいです。

約30年間断絶状態だった親戚関係が、親父の死がキッカケでまた縁が復活した感じですが、こういうのは偶然ではなく必然なのかなと、今後も大切にしていきたいところです。
関連記事
 0

COMMENTS

 0

TRACKBACKS

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)