蠢動

先日は血液検査。
何というか、毎回「判決」を下される被告人のような気分。
しかも今回は前回の時とは少し訳が違いました。

糖質に気をつけ、カロリーに気をつけるという神経質なところも、慣れてくるとそれが当たり前になり、特にストレスも無く過ごす中、体重は68kg~68.5kgに収まる感じ。
身長178cmなので「The標準」ですが「もっとカロリー摂らなダメ」と、じゃんじゃかじゃんじゃか「お菓子系」を送ってくる人が。

「ちゃんと成分を調べ上げて、兄ちゃんが食べても大丈夫なやつしか送ってねぇから」とは言われますが、届いたものはフツーにケーキ、フツーにチョコレートの味。
低糖質だの砂糖の代わりに甘味料だの謳ってありますが、大体こういうものは薄味で不味いイメージ先行。
「コイツ、絶対騙されて買ってるわ」と思っていました。
しかも値段見ると高いし「そのうち壺とか買わされるタイプじゃね?」と心配にすらなるほど。

バレンタインにデカいチョコレートロールケーキ送ってきた時には「ああ、これがトドメで高血糖からの昏睡、昇天か.........」なんて覚悟も..................
コンビニに行ってはロカボ系のお菓子を「詰めれるだけ詰めて」と、ポストに入らないぐらい変形したレターパックが届いたり..................

前に比べて「お菓子」を食べる頻度が上がっていたので、今回の血液検査は死刑判決な気分。
いつもは3週間ごとの診察と検査なので、検査結果は3週間後に聞く感じでしたが、今回は「数値悪くなってたらすぐに食生活の改善せなあかんわ」と思ったので、颯爽と結果だけ聞きに。
それぐらい「食べてもた.........」な罪悪感を感じていました。
A1cが10.1からスタートし、8.9→7.8ときて、今回は9.0ぐらいに戻ってんじゃね?と断首台に向かうような気分。

!!!!!.........7.1
IMG_7631.jpg

誰か違う人のと用紙間違えたんじゃね?と思いましたが、名前見ると間違いではなく..................
「1ヵ月で10%ずつ下げるのが理想です」と医者が言ってた通りの下がり方。
母親とその両親がインスリン注射レベルの糖尿病で、自分の血液検査の数値的に「血糖値」の項目以外は全く正常な事から、医者は「遺伝的に糖尿病に弱い」と。
電子カルテ?パソコンに入力してあるカルテには
「エクアだけでA1c 7.8から下げるのは難しいかも」みたいな記載があり「その時は薬を追加」みたいな事も書かれていましたが..................

「食事も気をつけてるようですし、薬も効いてるので、このまま下げ止まりまで続けましょう」
と、カルテも「3週間ごとを1ヵ月ごとにして継続」みたいに書き換え。

「前に離婚したって聞いて食生活荒れるかと思ったんですが、頑張ってますね」と言われ
「これ、長年の元嫁のメシが原因でこうなったと思って自炊頑張ってます」と答えると、複雑な顔をしてはりましたが..................

「だから私が言った事を信用して黙って食えって言ったでしょうが」と耳の痛い説教も.....................

といったところで我が愛機「KAWASAKI Ninja ZX-14R Final Edition」(大切にしてる感を出すため、敢えてフルネーム)

数日前、エンジン掛けようと思ったらセルが虫の息。
11月頭の鹿児島ツーリング以降、完全放置状態だったのでバッテリーが弱々に..................
それでも何とか掛かったので20分ほどアイドリングさせ
「これで復活」と思った翌日「キュ.........キュ.........キュ.........シューん」
ピクりともせず昇天状態..................

Emptyランプが点滅していて、前日掛かって今これってガス欠?
今は携行缶に給油はダメとかあったような.........これはユウキ君に電話して隼から分けてもらおうかと思いましたが、車体揺らすとチャップンチャップン..................
「もう勘弁して下さいよー、じゃあ焼き肉で」と、ご馳走せざるを得ない事になるところでした。

という事で充電。
ZX-14Rは右側のタンク下フレーム内にバッテリーがある為「右側サイドカウル全外しか.........」とクッソ面倒くさいなと思っていましたが、よく見るとフィンの部分だけ外せばよさげ。

前に乗ってた14Rも含めて、数度の立ちゴケからのカウル交換。
「傷どれ?あー、こんなん目立たんから大丈夫やん」
皆からの憐れみと同情混じりの慰めの言葉が予想できますが、自分にとってはチャック下げた状態で壊れたズボン履いてるような気分。
神すら見落とすほど密やかに交換してきたので、カウル脱着の手順はわかります。
(と偉そうな事言いながら、前回、フィンのツメの部分は折りましたが..................)

フィンの部分は確かタンクの所のボルト2本と、スライダー辺りのボルト1本抜いて、ゴム部分をめくって
IMG_7620(Edited).jpg

IMG_7621(Edited).jpg

後は力技でバキッと引き抜けば..................抜けねぇ.........
「ユウキくーん!」とドラえもんに泣き付くのび太モードになるところでしたが
「確か斜め上に引き上げるように抜くんやったっけ?」と思い出し、取り外し完了。
IMG_7622(Edited).jpg

バッテリーBOXもボルト1本外して、後は腕力でバキッと。
IMG_7623_20240329155444e5c.jpg

メカ玄人の達人の方々からは「どんな接続やねん」とツッコみが入るかもしれませんが、バッテリー引き抜くのが面倒くさかったので、そのまま充電器と接続。
IMG_7624(Edited).jpg

IMG_7626(Edited).jpg

1時間ほどで満充電に。

軽快に回るセル。
ご近所にも優しいUSヨシムラマフラー。
アイドリングさせていると、隣の内装工事してる兄ちゃんが「スゴいですね」と。

この「スゴい」というのは
「スゴいバカっぽいですね」
「スゴいダサいですね」の短縮形に聞こえるぐらい心は荒みきっていますが、暖かくなってきて、また何処かへ出掛けたい気分です。


関連記事
 0

COMMENTS

 0

TRACKBACKS

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)