ありきたりな性癖

さて、先月から「下痢」によりダウンしていた、とある人。
「パンツが何枚あっても足りんから、紙オムツ買ったわ」と自慢げに語り
「私の肛門括約筋はどこに行ったんですか?」と、水分摂るだけで直通状態の困り果てた様子。

個人的な性癖として、スカ〇ロ嗜好はありませんが「マッサージ師シリーズ」に続いて「公共の場で我慢できずにお漏らしシリーズ」は大好き。
こんな千載一遇のチャンスを逃すものかと、iPhone14Proの高画質動画撮影で一生の記念にと打診しましたが「この変態!」と一蹴..................

引き際を間違えると、うちのオカンや弟に「あのね、兄ちゃんがね.........」とLINE送りかねないので危険です。

そんな歯痒さもありましたが、それはそれとして3週間ほど水分以外は口にしておらず、163cmぐらいの身長で「ギリ40kgは切ってない」とかいうのはちょっと..................
鉄分系のサプリ、スムージー系のプロテイン、DAKARA1ケース、アクアソリタ1ケース、アイソカルゼリー24個、アイソカル100 24本、レトルトのおかゆ14食を送り
暫くして「う〇こがバナナぐらいに戻ってきて、ちょっと何か口にしたくなってきた」と。
ここで「なぁなぁ、何を口にしたいん?なぁ?何を咥えたいん?何を飲みたいん?はよ言うてみ」とか言うと必ず罵倒されるので、本人が好きだと言っていたモンブランのロールケーキと、自分で買う事は無さそうな、化粧箱に入ったミニトマトを。
食べられるようになって調子に乗ってきたのか「とんがりコーンが食べたい」と言うので10箱を送り付け。

「もうお金遣いなさんな」と言われますが、そういう事ではないというのか、10ヵ月ほどコロナ後遺症治療でステロイドを服用し続け、それでも熱は常に38℃以上、加えて低血圧やらが続きながら、何とかステロイドがストップ。
ようやく職場復帰で半日勤務した後、極度の下痢で再度休職。
本人の中では「まず職場復帰が第一歩」と、それを目標に治療を続け、やっとと思ったらまた休職となり、上手く進めない焦りやもどかしさも混じって相当ヘコんだかと。
そういうのを感じると、こちらとしては零細自営業ですが、稼働増やせばお金は何とかなるものなので「こんな美味しいミニトマト初めて!果物より甘いよ」と、喜んでくれればそれが一番。
今は元気になってくれるのを優先といったところです。

と、少し元気になったところで「会いたい!会いたいわ!会いたいよ」と..................
それまでは「下痢じゃ100%のパフォーマンスを発揮できんから」と、何のパフォーマンスをするつもりなのか、紳士な自分には話の見えてこない事が多かったのですが、要は「一緒に出掛けたいやんけ」と、しおらしい事を。
そうかと思えば、下痢期間に計6枚のパンツを廃棄処分したとかで、これは暗に「パンツ買ってくれ」かと思い、小窓付きや数珠繋ぎパール付き、ローターポケット付き等を送ろうとすると「変態」呼ばわり..................
「女は愛してる愛してるって言われて、まぁそれならいっかみたいに結婚が理想やのに、何で逆やと?負けてる気がするんやけど」と悪態ついたりで、女心というのは難しいものです。

そして6月の1ヵ月間、フェリーさんふらわあの神戸~大分間で、車輌積載代13,600円引きというキャンペーンをやるようで、車載せて往復4万円ほど。
この期間に行こうと思っていましたが、それはそれとして今月、自走で行こうかと。
どうせなら紙オムツ状態で人混みへ行き、エスカレーターとかで後ろから指でグリグリして、冷や汗かいた顔を慈しむといった、男なら誰でもやりそうな微笑ましいお出掛けをしたいものですが、治ってしまったので儚い夢となり..................

心身共に衰弱しながらも、こういうものを書き記し、食べても問題無さそうなお菓子やらを調べ、傷病手当という本来の6割しかない収入の中から高い物を選んで送ってきて..................
IMG_7686.jpg

謝意と申し訳なさの気持ちですが、本人が望む事は叶えて返してあげたいところです。
IMG_7682(Edited).jpg

という事でお土産。
こういうのは女性が喜ぶ物の方がいいと思っているので、ゆうこ父である叔父と、ゆうこ弟である従兄弟には「煎餅」
店舗が近くになく、あまり知らないようなので、ゆうこ母である叔母にはL'OCCITANEのハンドクリーム10本セット、ゆうこ弟嫁とその娘らにはL'OCCITANEのシャワージェル3種類を発注..................したその日に、今ちょうど叔母が情緒不安定の真っ最中だと。

去年、ゆうこ実家である叔父叔母宅に、とある企業が土地を売ってほしいという話があり、そういった内容に関しては知識の無いゆうこから相談を受けていました。
とは言え自分も詳しくはないので、仕事でいつも使ってくれている不動産コンサルタントのお客さんから助言もらったり、ネットで調べたり。
会社経営している自分の弟にも話したら「その話なら売った方がいい」との判断で、今年に入ってから少しずつ話が進んでいました。

具体的な買取価格が出て、そこから手数料や解体費用、税金、司法書士やら何やら、とにかくゆうこ家の出費が1円でも少なくなるよう助言をしてきましたが、話が纏まっていくにつれ、叔母も次に住む家の事への不安や、長年住んできた家を離れる寂しさもあってテンション上がったり下がったりだと。
「もうちょい落ち着いてからがいい」との事で、暫く日にち置いてからにしよかと。

叔父叔母共にゆうこに丸投げ、従兄弟も「俺なんもわからんから姉ちゃんに任せるわ」で、毎日のように担当とやり取りして「頭疲れるわ.........」と言いながら
「スッキリ片付けてそっち行く為に今頑張ってんのよ」

..................夜中にちょっとウォーキングに出掛けたら、翌朝「これはLINEで訊く事やない、電話で訊かなあかんと思って電話した。夜中どこ行ってたん?女のとこ?」

.........位置情報共有アプリ怖ぇぇ

この歳にもなって独身ともなれば「ごはん行こうよ」ぐらいの誘いは無い事もありませんが、ひとつ所に留まっていたら「何してる?」と、すぐに死の宣告みたいな電話鳴りそうな..................
常に移動していれば「仕事やね」と思ってもらえそうですが「止まったら死」な回遊魚のマグロやカツオの気分です。

もう少し女の扱いは上手いはずだと思っていましたが、何となく主導権が握れないというか...............
さて、まだ暫く、ネコ1人オッサン1人の生活を満喫したいところです。


関連記事
 0

COMMENTS

 0

TRACKBACKS

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)