節目を迎えて

先日、いきなりの「着信拒否でLINEもブロックする、もういいわ」という戦力外通告を喰らい、野に放たれました..................

まぁ、ONかOFFしかなく、その中間の「少し考えてみよう」が無い自分に置き換えてみると
「ある日突然、これといった理由も無いけど何となく興味が無くなる」
「やっぱ、コイツじゃねぇや」
「あっちの方がいい」

というのは多々ある事なので、どうせ連絡取りようもないし、上位互換な相手でも見つけて機会を伺ってたんだろうと思って、ま、仕方ないと。
後々面倒くさいのは御免なので、関係者含めて全てシャットダウンにしておけば後腐れもなくていいかと。

思えば、異性との付き合いなど、婚姻関係でもないならお互い自由。
自由なんですが、LINEもSNSも無かった「出会い掲示板」とか「メル友募集」みたいなのが全盛期の頃、知り合った相手に突然興味が無くなったり、より良い相手と知り合った時など、それまでの相手をどうしよ?という無難な「キャッチ&リリース」の方法をよく考えていました。

「こうへいの妻の〇〇です。先日、夫は交通事故で他界しました。生前のご関係は存じ上げませんが、夫の携帯のアドレス帳に残っていた方にご報告だけいたしました」

これ、完璧だと思いながら数年........まさか「Facebook」みたいなのが流行るとは..................
「え?奥さんから亡くなったって聞いたけど」と言われ、そんな小細工した事も忘れていたのでしどろもどろになり、クッソミソに叩かれた思い出。

それからも、色々と小細工を考えましたが、突き詰めていけば、異性との付き合いなど主観的な気分次第というのが全てで、気に入らなければ一方的に音信不通にしてサイナラ、逆の場合もこんなもんだと切り替えて、はい次、法的な縛りも無いのにとやかく言われる筋合いねぇよでいいんやない?と開き直りが大切だと。
自分がそう思うように相手もそうなんだと思っておけば、未練や揉め事も無く、即日リセットして進めると思います。

ただこういうのは転職活動と同じというのか、会社辞めてから転職先を探すのはリスクがあるので、現職場にバレないように転職先を探しつつ、準備が整ったら「はい、サイナラ」が理想。
けど、理想は理想であって、大体「死ねばいいのに」の捨て台詞と共にリストラ喰らって放り出されるパターン..................
「女なんて、こんなもんだ」と、モテないというのは生まれ持ったハンデなんだと弱者男性な自分は諦めています。

そんな感じで完全自由人となったところで、これもタイミングというのか捨てる神あれば拾う神ありというのか「離婚したんやろ?」と旧い知り合いから。
「うち、6畳の洋室3部屋空いてるけど、光熱費込み1人3万で同居してくれる子おらん?」
正直、税金関係考えると「会う事もいらんから籍だけ入れてくれ」ぐらいに、もはや性別が女で人外の者でないなら誰でもいいやと。
まだ誘われるうちが華だと、誘蛾灯に引き寄せられる羽虫の如く、流されるまま生きていきたいところです。

IMG_6679_202404221843351f6.jpg
関連記事
 0

COMMENTS

 0

TRACKBACKS

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)